かぎけん花図鑑

ムラサキオモト

基本情報
花名
ムラサキオモト
英名
Tradescantia spathacea
学名
Tradescantia spathacea
別名
シキンラン, 紫万年青, 紫金蘭, Rhoeo, ロエオ・スパタケア, ロエオ, Boat lily, Rhoeo spathacea
原産地
メキシコやグアテマラ等の熱帯アメリカ
生活型
常緑多年草、多肉植物
コメント
ムラサキオモト(紫万年青、学名:Tradescantia spathacea)は、熱帯アメリカ原産でツユクサ科の常緑多年草です。一種一属の多肉植物です。葉は肉厚で先端が尖った長楕円形をしており、放射状に上向きに伸びます。名前の由来は、草姿が万年青に似ており、葉裏が紫色を帯びていることに拠ります。夏に、葉脇に2枚の苞葉が付き、その間から白または薄紫色の花を咲かせます。葉表と葉裏共に緑色のコンカラーや、葉表に黄色い縦縞が入るフイリムラサキオモト(斑入り紫万年青、ヴァリエガタ)、斑入りで背丈が低いナナ・ヴァリエガタなどがあります。
一般名:ムラサキオモト(紫万年青)、学名:Tradescantia spathacea、シノニム:Rhoeo spathacea(ロエオ・スパタケア)、別名:シキンラン(紫金蘭)、ロエオ(Rhoeo)、ボートリリー(Boat lily)、オイスタープラント(Oyster plant)、分類名:植物界被子植物単子葉類ツユクサ目ツユクサ科ムラサキオモト属、原産地:メキシコやグアテマラ等の熱帯アメリカ、草丈:20~30 cm、葉形:長楕円形・披針形、葉縁:全縁、葉序:互生、花序形:散形花序、開花期:7月~8月、花色:白・薄紫、花径:2~3 cm。
詳細情報
ツユクサ
ツユクサ
ムラサキオモト
ムラサキオモト
花のタイプ
左右相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
その他
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
紫, 白
開花時期
7月 8月
高さ
20  ~ 30  [cm]
花径
2  ~ 3