コバイケイソウ

  • コバイケイソウ_img_0

    コバイケイソウ @ 黒部平高山植物園

  • コバイケイソウ_img_1

    コバイケイソウ @ 不明

基本情報

花名
コバイケイソウ
英名
Veratrum stamineum
学名
Veratrum stamineum
別名
ハエドクソウ, ハエコロシ, Veratrum stamineum
原産地
日本
生活型
多年性高山植物

コメント

コバイケイソウ(小梅蕙草、学名:Veratrum stamineum)は、日本固有種でメランチウム科シュロソウ属の多年草の高山植物です。バイケイソウ(梅蕙草)より小型であることから名付けられました。花が梅に似ており、葉がケイラン(蕙蘭)に似ています。葉は幅広で長楕円形をしており、葉序は互生、葉色は薄黄緑、無柄で葉脈は平行、葉縁は全縁です。薄黄緑色の太い茎から花茎を伸ばし、夏、円錐花序を出して、白い梅に似た小花を多数つけます。小花の花被片数は6枚で、花被片の形は長卵形をしています。中央の花序には両性花を咲かせ脇の花序には雄花を咲かせます。雄蕊の数は6本、葯の色は黒紫色をしています。花後になる果実は蒴果となります。全草にアルカロイドを持つ猛毒植物なので誤って食べると危険です。

一般名:コバイケイソウ(小梅蕙草) 、学名:Veratrum stamineum、分類名:植物界被子植物単子葉類ユリ目メランチウム科シュロソウ属コバイケイソウ種、別名:ハエドクソウ、ハエコロシ、分布:北海道~中部日本、環境:山地~(亜)高山の湿った場所、生活型:多年草の高山植物、草丈:50~100cm、葉柄:無柄、葉脈:平行脈、葉縁:全縁、葉形:幅広の長楕円形、葉序:互生、葉色:薄黄緑、花序形:円錐花序、花穂:中央の長い花穂に両性花が付き、脇の花穂に雄花が付く、花色:白、花被片数:6枚、花被片形:長卵形、花径:2cm、開花期:6月から8月(数年に一度)、雄蕊数:6本、 葯色:黒紫色、果実タイプ:蒴果、 花名の由来:花が梅に似て葉がケイランに似ている「バイケイソウ」より小さいことから、備考:日本固有種、全草にアルカロイドを持つ猛毒植物

詳細情報

ユリ
メランチウム
シュロソウ
コバイケイソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
高山
開花時期
6月7月8月
高さ
50 ~ 100 [cm]
花径
2 ~ 2

アクセスランキング(日別)

キブシ_img
テマリソウ_img
パンノキ_img
エルサレムセージ_img

ランダムな花

花菖蒲  ’汐煙’_img
ボダイジュ_img
ルリハナガサモドキ_img
シダレウメ_img
タマサンゴ_img
ニホンハッカ_img
シマナンヨウスギ_img
ツバキ シラギク_img
ユスラヤシ_img
ツバキ ダイナゴン_img
カロ_img
タチバナモドキ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved