かぎけん花図鑑

ハナニガナ

基本情報
花名
ハナニガナ
英名
Hananigana
学名
Ixeris dentata var. amplifolia
別名
花苦菜, Hananigana, Ixeris dentata , オオバナニガナ
原産地
日本、朝鮮半島、中国
生活型
多年性野草
コメント
ハナニガナ(花苦菜、学名:Ixeris dentata var. amplifolia)は日本、朝鮮半島、中国原産で、キク科ニガナ属の多年性野草です。山の道端に自生します。葉は茎を抱きます。春~夏に、花茎から散房花序を伸ばし、黄色い頭状花を10輪程咲かせます。
花苦菜(I. dentata var. amplifolia)やシロバナハナニガナ(白花苦菜、学名:Ixeris dentata var. albiflora)はニガナ(苦菜、学名:Ixeris dentata)の仲間です。苦菜(I.s dentata)は舌状花が黄色で5枚ほど付くのに対し、花苦菜(I. dentata var. amplifolia)は黄色で、白花苦菜(I. dentata var. albiflora)は白で、いずれも10個ほど付きます。
一般名:ハナニガナ(花苦菜)、学名:Ixeris dentata var. amplifolia、又名:オオバナニガナ、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科ニガナ属ニガナ種ハナニガナ品種、分布:北海道〜九州の日本、環境:低山〜高山の道端、生活型:多年草、草丈:40〜70 cm、茎:上部で分枝、茎葉:抱茎、葉柄:無、開花期:5月〜7月、花色:黄色、頭花:10個程の舌状花、花径:2 cm。
詳細情報
キク
キク
ニガナ
ハナニガナ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
5月 6月 7月
高さ
40  ~ 70  [cm]
花径
2  ~ 2