ヒダカミセバヤ

  • ヒダカミセバヤ_img_0
    ヒダカミセバヤ @ 六甲高山植物園
  • ヒダカミセバヤ_img_1
    ヒダカミセバヤ @ 筑波実験植物園

基本情報

花名
ヒダカミセバヤ
英名
Hylotelephium cauticolum
学名
Hylotelephium cauticolum
別名
タマノオ, 玉緒, Hidakamisebaya, 日高見せばや
原産地
日本
生活型
北海道固有種の多肉性宿根草、観葉植物

コメント

ヒダカミセバヤとは

ヒダカミセバヤ(日高見せばや、学名:Hylotelephium cauticolum)は北海道の固有種でベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属の多肉性宿根草です。日高地方の高山や海岸の岩場で咲いています。草丈は低く、茎は横下方に伸枝垂れます。8月〜10月に花茎先に散房花序を伸ばし紅紫色をした星形の小花を多数まとめた球状形の花を咲かせます。多肉質の葉は卵形をしており、銀緑色地で縁が赤く3枚が茎に付き、葉縁に緩い波状鋸歯があります。葉は秋に紅葉します。花後に袋果が成ります。ミセバヤの近縁種です。ミセバヤとヒダカミセバヤの違いは、ヒダカミセバヤの方が環境の厳しい場所に咲いているので矮小なことです。

一般名:ヒダカミセバヤ(日高見せばや)、 
学名:Hylotelephium cauticolum、 
別名:タマノオ(玉緒)、Hidakamisebaya、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類ユキノシタ目ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属、 
生息分布:北海道日高・十勝地方、生活環境:高山や海岸の岩場、 
原産地:北海道日高・十勝地方の日本、生活型:多肉性宿根草、草丈:10~15cm、茎:横下方に伸枝垂れる。葉色:銀緑色地で縁が赤い→紅葉(秋)、葉質:肉質、葉形:卵形の多肉質な葉が連続して付く、葉序(葉の付き方):3枚の葉が対生に付く、葉縁:緩い波状鋸歯あり、葉身長:2.5cm、放射相称花、花序形:散房花序、開花期:8月〜10月、花色:紅紫、花径:1cm、花弁数:5枚、小花形:披針形、花の付く場所:先端に半球状にまとまって咲く、果実のタイプ:袋果、用途:観葉植物、備考:北海道の固有種、万葉植物。

詳細情報

ユキノシタ
ベンケイソウ
ムラサキベンケイソウ
ヒダカミセバヤ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
北海道特定の地域高山
赤, 紫
開花時期
8月9月10月
高さ
10 ~ 15 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

ヒメエニシダ_img
オウコチョウ_img
シロザ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

ウンカリナ・グランディディエリ_img
ヒメツキミソウ_img
プリムリナ・ドリアス_img
トウサイカチ_img
スモークツリー_img
オフィリス・ボンビリフローラ_img
グズマニア・マグニフィカ_img
キュウリ_img
ゴクラクチョウカ_img
変化朝顔 ’黄尾長竜田葉紺白切咲’_img
キウイフルーツ_img
ソラマメ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved