ヨツバシオガマ

  • ヨツバシオガマ_img_0

    ヨツバシオガマ @ 立山室堂

基本情報

花名
ヨツバシオガマ
英名
Pedicularis japonica
学名
Pedicularis japonica
別名
キタヨツバシオガマ, 四葉塩竈, 北四葉塩竈
原産地
Japan
生活型
多年草の高山植物

コメント

ヨツバシオガマ(四葉塩竈、学名:Pedicularis japonica)は日本固有種でシオガマギク属の多年草です。初夏から夏に、北海道〜本州中部の亜高山~高山の湿地に自生します。花冠は2唇形で、上唇は濃紅紫色の兜状で嘴が尖り、下唇は3深裂します。同属のレブンシオガマ(礼文塩竈)と似ています。葉はいずれも輪生しますが、ヨツバシオガマは4枚ずつであるのに対し、レブンシオガマは5〜6枚ずつ付けます。花の付き方はどちらも輪生しますが、ヨツバシオガマは2~7段、レブンシオガマは7~12段付きます。また、レブンシオガマの方が全体的に大型です。

一般名:ヨツバシオガマ(四葉塩竈)、
学名:Pedicularis japonica
別名:キタヨツバシオガマ(北四葉塩竈)、
分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目ハマウツボ科シオガマギク属ヨツバシオガマ種、
原産地:日本、生息分布:北海道~本州中部、生活環境:亜高山~高山の湿地、生活型:多年草の高山植物、
草丈:10~30cm、葉形:羽状深裂、葉序:茎に4枚ずつ輪生する、
花色:薄紫色、花の付き方:茎に2~7段輪生、花冠:2唇形、上唇長:0.8~0.9cm、開花期:6月~8月

詳細情報

シソ
ハマウツボ
シオガマギク
ヨツバシオガマ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鑑賞場所
高山亜高山
開花時期
6月7月8月
高さ
10 ~ 30 [cm]
花径
1.5 ~ 2

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved