タケ

Bambuseae

  • タケ
  • タケ
  • タケ
  • タケ
  • タケ
  • タケ
  • 花名
    タケ
  • 学名
    Bambuseae
  • 別名Bamboo, バンブー, 竹
  • 原産地中国などの温帯アジア
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期1月, 2月
  • 花言葉節操

タケとは

タケ(竹、学名:Bambuseae)は中国などの温帯アジア原産でイネ科の常緑多年草で大型になる草本植物です。小型のものはササ(笹)と呼ばれます。 タケは成長が早く地下茎を縦横に広げてどんどん伸張します。花が咲くと枯れ死します。竹の代表品種にはマダケ(真竹)やモウソウチク(孟宗)、ハチク(破竹)があります。若芽は、タケノコ(筍)と言い食用とされます。 タケノコ料理には、新鮮なものは刺身、筍ご飯、煮物などにされます。 竹材は松飾に使われますが、竹に関して次のような話が伝えられています。 徳川家康が武田家に包囲された時、武田の使者から届けられた句  「松枯れて竹類なき(武田ぐひなき)明日かな」 に対抗し、徳川方の酒井忠次が「松枯れで武田首なき明日かな」 と詠んだことに因み、松飾の竹は先端が落首のように切り落とされるようになったとのことです。

一般名:タケ(竹) 、学名:Bambuseae、分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目イネ科タケ科 、別名:Bamboo(バンブー)、生息分布:中国などの温帯アジア、環境:湿った暖かい地域 、桿高:20m(真竹)、22m(孟宗竹)、15m(破竹)、5m(女竹)、桿色:緑、葉色:緑、寿命:120年、 用途:食用、竹材、庭木。


  • イネ
  • イネ
  • タケ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    小穂花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ500.0 ~ 2200.0 cm
  • 花径0.7 ~ 1.0 cm

ランダムな花