かぎけん花図鑑

ディケントラ・フォルモーサ・オレガナ

基本情報
花名
ディケントラ・フォルモーサ・オレガナ
英名
Wester bleeding-heart
学名
Dicentra formosa ssp. oregana
別名
ハナケマンソウ, アメリカケマンソウ, アメリカコマクサ, wild bleeding heart, 花華鬘草
原産地
南オレゴンと北カルフォルニアの北米
生活型
多年草
コメント
ディケントラ・フォルモーサ・オレガナ(Dicentra formosa oregana、学名:Dicentra formosa ssp. oregana)は、北米原産で、ケマンソウ((学名:Dicentra spectabilis))とコマクサ(学名:Dicentra peregrina)の仲間のハナケマンソウ(華華鬘草、学名:Dicentra formosa)の亜種です。草丈は50 cm程で他2者の中間の高さです。根生葉は2回3出複葉で裂片が羽状に裂けます。春~初夏に、葉の間から花茎を出し、その先端から伸びた総状花序に小花を多数垂下げます。属名の 'dicentra' は、ギリシャ語の 'dis'(2つ)と 'centron'(距)の合成語で、2つの距がある花形に由来します。
一般名:ディケントラ・フォルモーサ・オレガナ(Dicentra formosa oregana)、学名:Dicentra formosa ssp. oregana、原産地:南オレゴンや北カリフォルニア等の北米西部、草丈:50 cm、根生葉、根形:2回3出複葉で裂片が羽状に裂ける、葉柄:長い、花序:総状花序、花冠型:釣鐘型、開花期:3月~6月、花径:2 cm、花色:薄黄色地に赤が入る、花弁数:4。
詳細情報
キンポウゲ
ケシ
コマクサ
ハナケマンソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
2回3出羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
クリーム
開花時期
3月 4月 5月 6月
高さ
30  ~ 50  [cm]
花径
2  ~ 2