かぎけん花図鑑

プリムラ・マラコイデス

基本情報
花名
プリムラ・マラコイデス
英名
Primula malacoides
学名
Primula malacoides
別名
オトメザクラ, ケショウザクラ, ヒメザクラ, Fairy primrose, プリムラマラコイデス, プリムラ, マラコイデス, 乙女桜, 化粧桜
原産地
中国
生活型
(半)耐寒性一年草
コメント
プリムラ・マラコイデス(学名:Primula malacoides)は、中国原産で、サクラソウ科サクラソウ属の(半)耐寒性一年草です。和名では、オトメザクラ(乙女桜)、株全体に白粉が付くのでケショウザクラ(化粧桜)とも呼ばれます。葉は丸みを帯びた広卵形で、葉縁には切れ込みがあります。 花茎の先から散形花序を出し、桃色又は白い漏斗状の花を数段咲かせます。花(花弁)は上から見ると五弁花のように見えますが、横から見ると、漏斗状の先端が広がり5裂して平らになった合弁花であることが分かります。各花弁の先端が凹み、ハートをしています。
サクラソウの仲間は、特集 サクラソウ https://www.flower-db.com/ja/special/47/2 をご覧ください。
一般名:プリムラ・マラコイデス(Primula malacoides)、学名:Primula malacoides、別名:Fairy primrose、ケショウザクラ(化粧桜)、オトメザクラ(乙女桜)、ヒメザクラ(姫桜)、原産地:中国、環境:山地、分類名:植物界被子植物門真正双子葉ツツジ目サクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)、生活型:半耐寒性多年草、草丈:15~40 cm、葉序:互生、葉形:広卵形、葉縁:欠刻、放射相称、散形花序、花弁形:花冠は漏斗形で先端5裂し平開・各花被片はハート型、花径1.5~3 cm、花期:12月~翌年4月、花色:桃色、白、濃桃色、花弁数:5、雄蕊数:5、雌蕊数:1、萼片数:5、子房上位、果実型:蒴果。
詳細情報
ツツジ
サクラソウ
サクラソウ
プリムラ・マラコイデス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
欠刻状
鑑賞場所
庭 公園 鉢花
赤, ピンク, 白
開花時期
1月 2月 3月 4月 12月
高さ
15  ~ 40  [cm]
花径
1.5  ~ 3