コウサイタイ

  • コウサイタイ_img_0
    コウサイタイ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
コウサイタイ
英名
Purple-stem mustard
学名
Brassica rapa var. utilis 'hong cai tai'
別名
紅菜花, 紅菜苔, ベニナバナ
原産地
揚子江中流域
生活型
二年草

コメント

コウサイタイとは

コウサイタイ(紅菜苔、学名:Brassica rapa var. utilis 'hong cai tai')は、欧州原産で、アブラナ科アブラナ属の耐寒性二年草の野菜「サイタイ(菜苔、学名:Brassica rapa var. utilis )」の一品種です。中国揚子江中流域で栽培され、葉は緑色、花茎と葉柄は鮮紫色です。冬~春に、花茎から出た総状花序に十字型で黄色い、アブラナ(油菜、菜の花)に似た花を咲かせます。
花や、茎葉が蔬菜となり、炒め物や、揚げ物、和え物の材料となります。扱い方は菜の花と同じです。天婦羅以外は下茹でをします。下茹では塩少々を入れたお湯に30秒程入れた後取り出して水で冷やします。すると紫色の茎は緑色になるので、紫色を残したいのであれば、湯に酢を少々入れます。菜の花のような苦みは少なく、癖が無く、シャキッとした歯ごたえと茎にほんのり甘みがあります。栄養価は、菜の花と同様、βカロテンや、ミネラル、ビタミン類が豊富です。日本でも栽培しています。

一般名:コウサイタイ(紅菜苔)、学名:Brassica rapa var. utilis 'hong cai tai'、別名:Purple-stem mustard、紅菜花(ベニナバナ)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アブラナ目アブラナ科アブラナ属コウサイタイ種、原産地:中国揚子江中流域、生活型:二年草の野菜、草丈:50~60 cm、収穫期:12月~3月、葉色:緑、葉脈・葉柄・茎色:鮮紫色、花序形:総状花序、花序径:5~10 cm、花弁数:4、花径:1~2 cm、花色:黄、開花期:12月~4月。

詳細情報

アブラナ
アブラナ
アブラナ
コウサイタイ
花言葉
小さな幸せ / Tiny happy ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
1月2月3月4月12月
高さ
50 ~ 60 [cm]
花径
1 ~ 2

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ルリハナガサモドキ_img
マーガレット_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

ヒメスイレン_img
ハマボウフウ_img
ヒポエステス(Hypoestes)_img
ケヤマウコギ_img
レウカデンドロン・ディスカラー_img
ハナビラタケ_img
カラミンサ・グランディフローラ_img
コスタス・スピラリス_img
オタカラコウ_img
ウバユリ_img
ヤマザクラ_img
菊 新聖光の朝_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved