ツリガネズイセン

  • ツリガネズイセン_img_0
    ツリガネズイセン @ 新宿御苑温室
  • ツリガネズイセン_img_1
    ツリガネズイセン @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
ツリガネズイセン
英名
Spanish bluebell
学名
Hyacinthoides hispanica
別名
Hyacinthoides hispanica, Spanish bluebell, シラー・カンパニュラータ, スパニッシュ・ブルーベル, ヒアシンソイデス・ヒスパニカ, Scilla campanulata, 釣鐘水仙, Endymion hispanicus , Scilla hispanica
原産地
イベリア半島
生活型
耐寒性球根植物

コメント

ツリガネズイセンとは

ツリガネズイセン(釣鐘水仙、学名: Hyacinthoides hispanica)は、イベリア半島原産で、キジカクシ科ツリガネズイセン属の耐寒性球根多年草です。
別名で、 シラー・カンパニュラータ(Scilla campanulata)、Spanish bluebell(スパニッシュ・ブルーベル)、Bell flowered squil、Scilla hispanica Mill(シラー・ヒスパニカ) 、ヒアキントイデス・ヒスパニカ、Wood hyacinth、と呼ばれます。
春に、直立した花茎の先端に総状花序を伸ばし、やや細長い筒状で釣鐘形の先端が開いた可愛い小花を10輪ほど付けます。同属の園芸品種に、ノンスクリプタ種(H. non-scriptae)と、ヒヤシンソイデス・ヒスパニカ種(Hyacinthoides hispanica)があります。どちらも、釣り鐘形の花弁は6枚あり先端が6裂し、花壇や鉢植え、寄せ植え等に用いられます。

ノンスクリプタ種(H. non-scriptae)の代表品種は、イングリッシュ・ブルーベルです。
ヒヤシンソイデス・ヒスパニカ種(Hyacinthoides hispanica)の代表品種が本種であり、別名をシラー・カンパニュラータ(Scilla campanulata)と言います。
ノンスクリプタ種の花茎は細く撓むのに対し、ヒスパニカ種は花茎が直立しやや太めです。
また、ノンスクリプタ種は花被片が反り返るのに対し、ヒスパニカ種は反り返りません。

一般名:ツリガネズイセン(釣鐘水仙)、学名:Hyacinthoides hispanica(ヒアシンソイデス・ヒスパニカ)、別名:シラー・カンパニュラータ(Scilla campanulata)、Spanish bluebell(スパニッシュ・ブルーベル)、Bell flowered squil、Scilla hispanica Mill(シラー・ヒスパニカ) 、ヒアキントイデス・ヒスパニカ、Wood hyacinth、ツリガネズイセン(釣鐘水仙)、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目キジカクシ科ツリガネズイセン属ツリガネズイセン種 、原産地:イベリア半島、生活型:耐寒性球根多年草、草丈:30~50cm、根出葉形:線形、根出葉長:10~25cm、葉幅:5cm、花茎長:20~40cm、花序:総状花序、花冠形:釣り鐘、花序長:5cm、花柄長:0.5cm、花色:淡青(基本形)、薄桃、白、紫、開花期:4月~5月、果実型:蒴果、果実形:倒卵状球形、果実径:0.5cm、鱗茎形:卵球形、鱗茎径:2~3cm

詳細情報

キジカクシ
キジカクシ
ツリガネズイセン
ツリガネズイセン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
公園
ピンク, 青, 紫, 白
開花時期
4月5月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
1.5 ~ 2

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ディエテス・ビコロル_img
ルリハナガサモドキ_img
タンゲマル_img

ランダムな花

シルバーレース_img
ナタマメ_img
ワレモコウ_img
イリマ_img
レッドキャンピオン_img
テトラネマ・ロセウム_img
椿 '客星'_img
ジギタリス_img
ゼラニウム_img
ヘリコニア・ビハイ・ロブスター・クロウ_img
クレソン_img
アザミゲシ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved