オオミスミソウ

  • オオミスミソウ_img_0
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園
  • オオミスミソウ_img_1
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園
  • オオミスミソウ_img_2
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園
  • オオミスミソウ_img_3
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園
  • オオミスミソウ_img_4
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園
  • オオミスミソウ_img_5
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園
  • オオミスミソウ_img_6
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園
  • オオミスミソウ_img_7
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園
  • オオミスミソウ_img_8
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園
  • オオミスミソウ_img_9
    オオミスミソウ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
オオミスミソウ
英名
Hepatica nobilis var.japonica form.magna
学名
Hepatica nobilis var. japonica f. magna
別名
大三角草, Hepatica 0nobilis
原産地
日本
生活型
耐寒性多年草

コメント

オオミスミソウとは

オオミスミソウ(大三角草、学名:Anemone hepatica var. japonica f. magna 又は、Hepatica nobilis var. japonica f. magna )は、日本固有種で日本海側に自生するキンポウゲ科の耐寒性多年草です。 ミスミソウ(三角草、学名:Anemone hepatica var. japonica f. japonica、または、Hepatica nobilis var. japonica f. japonica)の変種で、ミスミソウより色鮮やかで大きな花を咲かせます。 春、雪を割って白や薄紅色、薄紫、濃紫の萼花弁を付けます。葉は全て根出葉で艶があり三裂します。

一般名:オオミスミソウ(大三角草)、学名:Anemone hepatica var. japonica f. magna 又は、Hepatica nobilis var. japonica f. magna 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科ミスミソウ属ミスミソウ種オオミスミソウ変種、分布:日本の太平洋側、 環境:山間地の半日陰で水捌けの良い場所、草丈:5~10 cm、葉形:三角形 、花序径:集散花序、花径:1.5~2 cm、開花期:4月~5月、花色:白や薄紅色、薄紫、濃紫。

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
ミスミソウ
ミスミソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
三角形
葉の縁
鑑賞場所
低山
ピンク, 青, 紫, 白
開花時期
4月5月
高さ
5 ~ 15 [cm]
花径
1.5 ~ 2

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
オウコチョウ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

クロトン_img
ヤマツツジ_img
ゴマギク_img
クリンソウ_img
バンダ トレバー・ラスボーン 'ブラック パンサー'_img
ネモフィラ 'スノーストーム'_img
ヤマモモ_img
ハマナデシコ_img
ミヤコグサ_img
ホワイトパウダーパフ_img
コモチマンネングサ_img
ヒイラギ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved