ウリハダカエデ

黄葉

  • ウリハダカエデ_img_0
    ウリハダカエデ @ 箱根湿生植物園

基本情報

花名
ウリハダカエデ
英名
Acer rufinerve
学名
Acer rufinerve
別名
霜柱
原産地
日本
生活型
落葉小高木

コメント

ウリハダカエデとは

ウリハダカエデ(瓜膚楓、学名:Acer rufinerve)は、日本固有種で、ムクロジ科カエデ属の落葉小高木です。本州、四国、九州の山地に自生します。樹皮の青緑色が瓜の膚に似ていることが和名の由来です。春に総状花序を伸ばし10~15輪の薄黄色~薄緑色の小花を咲かせます。夏~秋に翼果を成らせます。葉は秋に黄葉します。

一般名:ウリハダカエデ(瓜膚)、学名:Acer rufinerve 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ムクロジ目ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属ウリハダカエデ種、生活型:落葉小高木、樹高:8-10 m、樹径:30 cm、樹皮色:青緑色、葉色:緑→黄色、葉序:対生、葉形:扇形五角形で3-5浅裂、葉縁:重鋸歯、雌雄別株、開花期:5月、花序形:総状花序に10~15花咲かす、花序長:5-10 cm、花色:淡緑色又は淡黄色、花径:0.8~1.0 cm、花弁数:5、雄蕊:8、果実期:7-9月、果実型:翼果、用途:庭木、公園樹、木具材、樹皮を縄に。

詳細情報

ムクロジ
ムクロジ
カエデ
ウリハダカエデ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
重鋸歯状
鑑賞場所
低山
緑, クリーム
開花時期
5月
高さ
800 ~ 1000 [cm]
花径
0.8 ~ 1

アクセスランキング(日別)

カルミア・ラティフォリア_img
オウコチョウ_img
ウマノアシガタ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ハガクレツリフネ_img
ツバキ エスガタ_img
ヒヨス_img
カサブランカ_img
ビロードモウズイカ_img
グラジオラス・カルネウス_img
キバナノクリンザクラ_img
マルコポーロ_img
コールラビ_img
イ_img
プリムラ_img
ニューサウスウェールズ・クリスマスブッシュ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved