トキワナズナ

  • トキワナズナ_img_0
    トキワナズナ @ 箱根湿生植物園
  • トキワナズナ_img_1
    トキワナズナ @ 箱根湿生植物園
  • トキワナズナ_img_2
    トキワナズナ @ 箱根湿生植物園
  • トキワナズナ_img_3
    トキワナズナ @ 箱根湿生植物園

基本情報

花名
トキワナズナ
英名
Bluets
学名
Houstonia caerulea
別名
フーストニア・カエルレア, フーストニア, ヒナソウ, Houstonia caerulea, Bluets, Azure bluet, 常盤薺
原産地
北米
生活型
常緑多年草

コメント

トキワナズナとは

トキワナズナ(常盤薺、学名:Houstonia caerulea)は、北米原産で、アカネ科ヒナソウ属の小型の常緑多年草です。地下に匍匐枝を持ち地上でマット状に広がります。春から初夏に、白または薄青色の花弁を持つ小花を上向きに沢山付けます。花は花柄の先端に1個だけ咲かせます。小花は4弁花のように見えますが、高杯花冠の先端が4深裂したものです。花中心は黄色です。花名のヒナソウとは、花形が鳥の雛が餌を求めている姿に名添えました。花名の一部にナズナと付きますが、アブラナ科ではなく、アカネ科の植物です。また、トキワナズナはイベリスの別名であり、わかり難いです。

一般名:トキワナズナ(常盤薺)、学名:Houstonia caerulea、別名:Bluets、azure bluet、ヒナソウ(雛草)、フーストニア、フーストニア・カエルレア 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科ヒナソウ属ヒナソウ種、原産地:北米、環境:日の当たる湿地、生活型:多年草、樹高:5~15cm、葉形:倒披針形、葉身長:0.5~1cm、花序形:単生、花弁色:白・青、花中心:黄色、花径:1~1.5cm、花冠形:高杯形で先端が4深裂、開花期:4月~6月

詳細情報

リンドウ
アカネ
ヒナソウ
ヒナソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
倒披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
青, 白
開花時期
4月5月6月
高さ
5 ~ 15 [cm]
花径
1 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ブラシノキ_img
ボダイジュ_img

ランダムな花

ハチミツソウ_img
ナタマメ_img
ヒメミダレユキ_img
セロリ_img
ニオイヒバ メッキー_img
プチロータス・ジョーイ_img
花菖蒲 ’雲の上’_img
クチナシ_img
ハイビスカス 'ミセス ジェームス ヘンドリー'_img
ミヤマカラマツ_img
ハボタン_img
サラサウツギ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved