シラタマノキ

  • シラタマノキ_img_0
    シラタマノキ @ 大雪山
  • シラタマノキ_img_1
    シラタマノキ @ 小石川植物園
  • シラタマノキ_img_2
    シラタマノキ @ 小石川植物園

基本情報

花名
シラタマノキ
英名
Gaultheria pyroloide
学名
Gaultheria pyroloides
別名
白玉の木
原産地
日本
生活型
常緑小低木

コメント

シラタマノキとは

シラタマノキ(白玉の木、学名:Gaultheria pyroloides)は、日本原産で、シラタマノキ属の常緑小低木です。北海道から本州中部の日本の(亜)高山で礫地や草地に自生します。葉は硬く光沢のある卵状楕円形で、先端は丸く、葉長は2cm程で、互生してつき、葉縁に鋸歯があります。 夏に、短い花序に小さい釣鐘形で先端が5浅裂した花を数個下向に咲かせます。果実は白い球形で、直径3cm程の液状果で潰すとサリチル酸臭(サロメチール臭)がします。 赤い実を成らせるイワハゼ(別名:アカモノ)との比較でシロモノとも呼ばれます。

一般名:シラタマノキ(白玉の木)、学名:Gaultheria pyroloides 、別名:シロモノ 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科シラタマノキ属 、生息分布:北海道~本州中部の日本、生活環境:(亜)高山の礫地や草地 、生活:常緑小低木、樹高:10~30 cm、枝:横に広がる、葉質:硬く光沢有、葉形:卵状楕円形で先端は丸い、葉長:2 cm、葉色:緑、葉序:互生、葉縁:鋸歯有り、花の付き方:短い花序に小さな花を数個下向に付ける、花冠:釣鐘形で先端が5浅裂、花色:白、花径:0.5 cm、開花期:6月~8月、果実型:液状果、果実形:球状、果実色:白、果実径:3 cm、果実臭:潰すとサロメチールのようなサリチル酸臭、用途:ロックガーデン。

詳細情報

ツツジ
ツツジ
シラタマノキ
シラタマノキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山亜高山
開花時期
6月7月8月
高さ
10 ~ 30 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

アマリリス_img
サンタンカ_img
トルコギキョウ_img
ネジバナ_img

ランダムな花

セイタカアワダチソウ_img
タカネゴヨウ_img
ブドウ_img
菊 国華火祭り_img
ツバキ フウキヒメ_img
ラグラス_img
ヒメヒオウギ_img
ルイジアナ・アイリス_img
エモリ_img
ジギタリス_img
ゴールデンクラッカー_img
カモミール_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved