かぎけん花図鑑

エキウム・ウィルドプレッテイ

基本情報
花名
エキウム・ウィルドプレッテイ
英名
Echium wildpretii
学名
Echium wildpretii
別名
Tower of jewels, 宝石の塔, Echium wildpretii
原産地
カナリア諸島
生活型
半耐寒性2~3年草
コメント
エキウム・ウィルドプレッテイ(学名:Echium wildpretii)は、 カナリア諸島原産で、ムラサキ科エキウム属の半耐寒性2~3年草です。日本では京都府立植物園が初めて栽培開花させました。立性の1本の花穂は2mのピラミッド状になります。花穂には、16,000~20,000個(植物園調査)の赤~薄紅色の小花が集合して咲きます。その姿が美しいので、別名で宝石の塔(Tower of jewels)と呼ばれます。葯は青色で雌蕊は白い。根本から生えた細長い葉には白毛が密集し灰緑色に見えます。開花は、5月下旬~6月上旬です。排水の良い乾燥気味な環境を好みます。花壇や鉢植えにされます。
一般名:エキウム・ウィルドプレッテイ(Echium wildpretii) 、学名:Echium wildpretii 、別名:宝石の塔(Tower of jewels)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ムラサキ科エキウム属 、原産地:カナリア諸島、生活型:半耐寒性2~3年草、環境:排水の良い乾燥気味の場所、草丈:160~200cm、草幅:60cm、葉形:線状披針形、葉長:20cm、葉色:灰緑色(白毛が多いので)、開花期:5月下旬~6月上旬、花序高:120cm~、小花色:赤~薄紅色、小花数:16,000~20,000個、花序形:ピラミッド状の円錐花序、苞:細長い、 葯色:青、雌蕊色:白、用途:花壇、鉢植え、蜂蜜。
詳細情報
ムラサキ
ムラサキ
エキウム
エキウム・ウィルドプレッテイ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
さそり型花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
腎臓形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園 海外 亜高山
開花時期
5月 6月
高さ
160  ~ 200  [cm]
花径
1  ~ 2