クロツグ

  • クロツグ_img_0
    クロツグ @ 鹿児島
  • クロツグ_img_1
    クロツグ @ 鹿児島

基本情報

花名
クロツグ
英名
Arenga engleri
学名
Arenga engleri
別名
バニン・マニン, マーニ, 山棕, Formosa palm, Taiwan arenga palm, dwarf sugar palm
原産地
奄美諸島以南、台湾
生活型
常緑性低木

コメント

クロツグとは

クロツグ(山棕、学名:Arenga engleri)は奄美諸島以南、台湾原産でヤシ科クロツグ属の常緑性低木です。幹を黒い繊維質の葉梢が覆います。繊維からは強い縄や網、箒が作られます。雌雄同株ですが、雄花と雌花は別の花序に付きます。晩春~初夏に複数の円錐花序に小さな花をブラシ状に付けます。雄花の蕾は楕円形で橙色のカプセル状で、開花すると芳香のある3弁花となり中に多数の白い雄蕊があります。花には昆虫が多数集まります。雌花は無臭で薄茶色の球形で径は1cm程です。果実は渋くて食用とはなりません。

一般名:クロツグ(山棕)、学名:Arenga engleri 、別名:Formosa palm、Taiwan arenga palm 、dwarf sugar palm、分類名:植物界被子植物単子葉類ヤシ目ヤシ科クロツグ属クロツグ種、原産地:台湾・琉球諸島、生息分布:森林、環境:石灰岩質の低地から山裾、樹高:3-5m、葉色:暗緑色、葉縁:鋸歯有り、葉身;300cm、葉柄:1m、葉形:羽状複葉、小葉数:20-40対、雌雄同株、開花期:5月~6月、花序形円錐花序、果実型:核果、果実色:黄橙→赤、果実形:楕円形、果実径:1-2cm、用途:縄、網、箒、おもちゃ、民具、儀式

詳細情報

ヤシ
ヤシ
クロツグ
クロツグ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
3弁花
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
(亜)熱帯地域沖縄特定の地域
橙, 黄
開花時期
5月6月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
1 ~ 1.2

アクセスランキング(日別)

エリカ・カナリクラータ_img
ガーベラ_img
オウレン_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

レンブ_img
トレニア_img
ミヤマオダマキ_img
ピンクノウゼンカズラ_img
マツヨイグサ_img
サルビア・ミクロフィラ '‘ピンクブラッシュ’_img
ヒメジョオン_img
バラ 'スワン'_img
キバナハナニラ_img
メガクリニウム マキシマム_img
クロガネモチ_img
アツバキミガヨラン_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved