シマクモキリソウ

79年振りに発見、絶滅危惧種

  • シマクモキリソウ_img_0
    シマクモキリソウ @ 筑波実験植物園
  • シマクモキリソウ_img_1
    シマクモキリソウ @ 筑波実験植物園

基本情報

花名
シマクモキリソウ
英名
Liparis hostifolia
学名
Liparis hostifolia
別名
Liparis hostifolia
原産地
小笠原諸島固有種
生活型
常緑多年草、地生蘭

コメント

シマクモキリソウとは

シマクモキリソウ(学名:Liparis hostifolia)は小笠原諸島固有種で、ラン科クモキリソウ属の地生蘭です。草丈20~30cmです。花色は緑色地に紫班が入ります。円錐花に、花径1cm程の円形の花を咲かせます。南硫黄島で79年ぶりに発見された貴重な蘭です。環境省による絶滅、あるいは危惧種で、絶滅危惧IA類 (CR)(環境省レッドリスト)に指定されています。

一般名シマクモキリソウ、学名:Liparis hostifolia、又名:リパリス、植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科クモキリソウ属シマクモキリソウ種、草丈20~30cm、花色:薄緑色、唇弁色:淡紫~淡い緑色、花径:1cm、花形:円形、花序形:円錐花序、開花期:11月

詳細情報

キジカクシ
ラン
クモキリソウ
シマクモキリソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域特定の地域
緑, 紫
開花時期
11月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

キク_img
フクギ_img
ルリハナガサモドキ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

デンジソウ_img
オンファロデス・リニフォリア_img
ペパーミント_img
リューカデンドロン_img
ハナモモ_img
トキワナズナ_img
ルドベキア・マヤ_img
ミズヒキ_img
シャクナゲ ‘太陽’ _img
ウラジロナナカマド_img
アルケミラモリス_img
パンパスグラス_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved