ローダンセ

最初からドライフラワーみたい

  • ローダンセ_img_0
    (2004_04_11_hanahaku_rose)
    ローダンセ @ 浜名湖花博2004
  • ローダンセ_img_1
    (2004_04_11_hanahaku_rose)
    ローダンセ @ 浜名湖花博2004
  • ローダンセ_img_2
    ローダンセ @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
ローダンセ
英名
Rhodanthe manglesii
学名
Rhodanthe manglesii
別名
ヒロハノハナカンザシ, 姫貝桜, 広葉花簪, ヒメカイザクラ, Dwarf rose, Mangles Sunray, Everlasting, Pink Sunray, Silver Bells, Australian Strawflower
原産地
オーストラリア西部
生活型
半耐寒性一年草

コメント

ローダンセ(Rhodanthe、学名:Rhodanthe manglesii)とは、オーストラリア西部原産で、キク科ローダンセ属の半耐寒性一年草です。 乾燥した気候を好みます。中央に黄色い管状花があり、舌状花はありません。花弁のように見えるのはカサカサした総苞片です。エバーラスティング・デージー(Everlasting daisies)と称されるドライフラワーの一種で、 仲間には、ヘリクリサム(Helichrysum)属のムギワラギク(麦藁菊)や、アンモビウム(Ammobium)属のカイザイク(貝細工)があります。

一般名:ローダンセ(Rhodanthe) 、学名:Rhodanthe manglesii(ローダンセ・マングレッシ)、シノニム:Helipterum manglesii(ヘリプタリウム・マングレッシ) 、別名:ヒロハノハナカンザシ(広葉花簪)、ヒメカイザクラ(姫貝桜)、Pink Sunray、Silver Bells、Australian Strawflower、 ドワーフローズ(Dwarf rose)、Mangles Sunray(マングルス・サンレイ)、 エバーラスティング(Everlasting) 、分類名:植物界被子植物真性双子葉類キク目キク科ローダンセ属 、原産地:オーストラリア 、草丈:30cm~50cm、葉形:卵形で表面に白粉が浮く、葉縁:全縁、葉序:互生、開花期:4月~7月、花色(実際には総苞片色):桃・赤・白、花弁:無し、花径:2.5~4cm

詳細情報

キク
キク
ローダンセ
ローダンセ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
舌状形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
切り花・生け花鉢花
赤, ピンク, 白
開花時期
4月5月6月7月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
2.5 ~ 4

アクセスランキング(日別)

アサギリソウ_img
カワラナデシコ_img
ゼンマイ_img
マツバギク_img

ランダムな花

マオウ_img
ツボミナ_img
オカメザクラ_img
バラ 'アワユキ'_img
セイヨウクモマグサ_img
ハチジョウキブシ_img
オオキンケイギク_img
ホテイアオイ_img
ツヅラフジ_img
マニラヤシ_img
花菖蒲 ’深窓佳人’_img
グラジオラス・カルネウス_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved