エビチャスミレ

  • エビチャスミレ_img_0

    エビチャスミレ @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
エビチャスミレ
英名
Viola mandsurica ebicha
学名
Viola mandsurica cv. ebicha
別名
海老茶菫
原産地
日本
生活型
多年草

コメント

エビチャスミレ(海老茶菫、学名:Viola mandsurica cv. Ebicha)は日本原産でスミレスミレ属の多年草です。スミレの中輪咲き種で、代表的な花弁色が濃赤紫色(海老茶色)ですが、赤紫色や白などの変種もあります。基本種はスミレで、属名はV.Mandsurica(ミヤマスミレ節)、品質(亜種)はエビチャに分類されます。日当たりの良い環境で生育します。草全体が盛り上がるように立体的に咲きます。茎は無く、葉はへら型をして丸味があり葉柄に翼があります。

一般名:エビチャスミレ(エビ茶菫)、
学名:Viola mandsurica cv. Ebicha(ビオラ)、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目スミレスミレ属、
原産地:日本、草丈:5~15cm、開花期:4月~5月、花径:1.5cm、花色:海老茶

詳細情報

キントラノオ
スミレ
スミレ
エビチャスミレ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
スミレ形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
紫, 白
開花時期
4月5月
高さ
5 ~ 15 [cm]
花径
1.5 ~ 1.5

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved