かぎけん花図鑑

シラユキミセバヤ

基本情報
花名
シラユキミセバヤ
英名
Cape Blanco
学名
Sedum spathulifolium ssp.pruinosum
別名
ケープブランコ, Cape Blanco
原産地
中米、アメリカ西部
生活型
耐寒性多年草、多肉植物、高山植物
コメント
シラユキミセバヤ(白雪ミセバヤ、学名:Sedum spathulifolium ssp.pruinosum)は、中米、アメリカ西部原産で、ベンケイソウ科セダム属の多肉植物で、非耐暑性の這性宿根草・高山植物です。群生し長いライナーで横に広がります。葉が雪化粧をしたような銀白色をしています。春~初夏に、鮮黄色の星形の花をたくさん咲かせます。
学名:Sedum spathulifolium ssp.pruinosum、又名:ケープブランコ(Cape Blanco)、セダム スパスリフォリウム (Sedum spathulifolium)、分類名:ユキノシタ目ベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)、原産地:中米、アメリカ西部、生活型:耐寒性多年草、草丈:10 cm、開花期:3~6月。
詳細情報
ユキノシタ
ベンケイソウ
セダム
シラユキミセバヤ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
高山 植物園 海外 鉢花
開花時期
3月 4月 5月 6月
高さ
3  ~ 6  [cm]
花径
0.3  ~ 0.5