パフィオペディルム・サンデリアヌム

世界一花弁が長い花

  • パフィオペディルム・サンデリアヌム_img_0
    パフィオペディルム・サンデリアヌム @ 筑波実験植物園
  • パフィオペディルム・サンデリアヌム_img_1
    パフィオペディルム・サンデリアヌム @ 筑波実験植物園

基本情報

花名
パフィオペディルム・サンデリアヌム
英名
Sande's Paphiopedilum
学名
Paphiopedilum sanderianum
別名
Paphiopedilum sanderianum, Sande's Paphiopedilum, パフィオペディルム, サンデリアヌム
原産地
マレーシア
生活型
非耐寒性常緑多年草

コメント

パフィオペディルム・サンデリアヌムとは

パフィオペディルム・サンデリアヌム(学名:Paphiopedilum sanderianum)は、 マレーシア原産で、ラン科パフィオペディルム属の非耐寒性常緑多年草です。サラワク州カリマンタン(ボルネオ)島の崖で発見されました。世界最長の花弁を付けます。世界最長とは蘭に限らず、全ての花に対してです。本種は、側花弁が捻れながら垂れ下がり、90~180cmに達します。花色は紫褐色で花径は10cm程です。濃緑色の葉は線形で、長手方向の中央部が折れています。花名は学名に由来します。

一般名:パフィオペディルム・サンデリアヌム(Paphiopedilum sanderianum)、学名:Paphiopedilum sanderianum、別名:Sande's Paphiopedilum、オバケトキワラン(お化け常盤蘭)、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目ラン科パフィオペディルム属 、原産地:マレーシア・サラワク州のカリマンタン(ボルネオ)島、 生息環境:崖、葉色:濃緑色、葉形:中央部が折れた線形 、花弁長:90~180cm、花色:紫褐色 、花径:10cm 、備考:世界一花弁が長い花、1885年に発見されたがその後100年近く、誰も見つけられなかった。

詳細情報

キジカクシ
ラン
パフィオペディルム
パフィオペディルム・サンデリアヌム
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
線形
葉の縁
波状
鑑賞場所
温室
茶, 橙
開花時期
高さ
100 ~ 250 [cm]
花径
10 ~ 10

アクセスランキング(日別)

ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

クワズイモ_img
オリエンタルハイブリッド 'リミン'_img
ピンクッション_img
テガタチドリ_img
ハゼラン_img
トサミズキ_img
クレマチス ‘ミセス・N・トンプソン’_img
チチコグサ_img
ヤトロファ・ポダグリカ_img
アレチモウズイカ_img
ブラックベリー 'ソーンフリー'_img
ユリ 'Yウィン'_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved