タビラコ

  • タビラコ_img_0
    タビラコ @ かぎけん

基本情報

花名
タビラコ
英名
Tabirako
学名
Lapsana apogonoides
別名
田平子, コオニタビラコ, 小鬼田平子
原産地
日本、台湾、朝鮮半島、中国
生活型
越年性野草

コメント

タビラコとは

タビラコ(田平子、学名:Lapsana apogonoides)とは、日本、台湾、朝鮮半島、中国原産で、キク科ヤブタビラコ属の越年性野草です。春に、道端で小さな黄花を咲かせます。春の七草の一つです。旧名ホトケノザ(仏の座)で、現在、ホトケノザと呼ばれるシソ科の花とは別物です。似た花により背が高いオニタビラコ(鬼田平子)や、ヤブタビビラコがあります。

一般名:タビラコ(田平子)、学名:Lapsana apogonoides 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ヤブタビラコ属 、別名:コオニタビラコ(小鬼田平子) 、原産地:日本、中国、生息分布:本州~四国、九州、環境:畦道 、草丈:10 cm、葉形:羽状複葉、登頂部には丸み、葉毛:無、花色:薄黄、花形:頭状花、花径:0.5-0.6 cm、開花期:4月。

詳細情報

キク
キク
ヤブタビラコ
タビラコ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
4月
高さ
10 ~ 10 [cm]
花径
0.5 ~ 0.6

アクセスランキング(日別)

オオバナカリッサ_img
フシグロセンノウ_img
アフリカハマユウ_img
ユリ・マニサ_img

ランダムな花

コウサイタイ_img
エケベリア・カンテ_img
アカバナルリハコベ_img
球根ベゴニア  'イエローローズフォーム'_img
チューリップ・バラードゴールド_img
ムラサキカタバミ_img
バンダ トレバー・ラスボーン 'ブラック パンサー'_img
フクジュソウ_img
オオミスミソウ_img
ウツギ_img
カーネーション 'ファンシービアンフェ'_img
オトメサザンカ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved