ホトケノザ

Lamium amplexicaule

  • ホトケノザ
  • ホトケノザ
  • ホトケノザ
  • ホトケノザ
  • ホトケノザ
  • ホトケノザ
  • 花名
    ホトケノザ
  • 学名
    Lamium amplexicaule
  • 別名サンガイグサ, 仏の座, 三階草, henbit dead-nettle, common henbit
  • 原産地ヨーロッパ
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期3月, 4月, 5月, 6月
  • 花言葉「調和」「輝く心」

ホトケノザとは

ホトケノザ(仏の座、学名:Lamium amplexicaule)とはシソ科オドリコソウ属の一・二年草です。春の七草に含まれるホトケノザとは本草のことではなく、タビラコ(田平子)に当たります。春に、四角い茶色の茎に半円形の葉が2枚と紫紅色の小さな唇弁花を数段輪生させます。胃潰瘍や鎮痛に薬効があるとされます。同科同属(シソ科オドリコソウ属)で似た花にヒメオドリコソウ(姫踊子草)があります。

一般名:ホトケノザ(仏の座)、学名:Lamium amplexicaule、別名:サンガイグサ(三階草)、henbit dead-nettle、common henbit、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科オドリコソウ属、原産地:ヨーロッパ、草丈:10〜30 cm、葉長:1〜1.5 cm、花色:紫紅色、花径:0.8〜1.5 cm、開花期:3月〜6月。


  • シソ
  • シソ
  • オドリコソウ
  • ホトケノザ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型一・二年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 30.0 cm
  • 花径0.8 ~ 1.5 cm

ランダムな花