アングレカム・レオニス

  • アングレカム・レオニス_img_0
    アングレカム・レオニス @ 京都府立植物園
  • アングレカム・レオニス_img_1
    アングレカム・レオニス @ 京都府立植物園
  • アングレカム・レオニス_img_2
    アングレカム・レオニス @ 京都府立植物園

基本情報

花名
アングレカム・レオニス
英名
Angraecum leonis
学名
Angraecum leonis
別名
Angraecum leonis
原産地
マダガスカル及びコモロ島
生活型
常緑多年草の着生蘭

コメント

アングレカム・レオニスとは

アングレカム・レオニス(学名:Angraecum leonis)は、マダガスカル及びコモロ島原産で、ラン科アングレカム属の常緑多年草です。岩上や幹に着生する原種の小型蘭です。春の夜間に開花し、芳香を出します。花は、最初の2~3日は薄緑色をしていますが、そののち白色となります。花には細い萼片と側花弁、ラッパ状の唇弁と長い距があります。距には蜜が溜まり、現地ではそれを吸い来る蛾がいる虫媒花です。

一般名:アングレカム・レオニス(Angraecum leonis) 、学名:Angraecum leonis、分類名:植物界被子植物単子葉植物キジカクシ目ラン科アングレカム属 、原産地: マダガスカル及びコモロ島、葉:肉厚で扇状、花色:薄緑→白、花径:6cm、草丈:15-30 cm、開花期:4月~5月、花持ち:25-30日。

詳細情報

キジカクシ
ラン
アングレカム
アングレカム・レオニス
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
波状
鑑賞場所
温室
開花時期
高さ
15 ~ 30 [cm]
花径
5 ~ 6

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ブラシノキ_img
ボダイジュ_img

ランダムな花

ホタルブクロ_img
タンポポ_img
ウナダレヒレアザミ_img
マメザクラ_img
アロエベラ_img
ヒロハノアマナ_img
グンバイヒルガオ_img
タイトゴメ_img
球根ベゴニア  'イエローローズフォーム'_img
モミ_img
プレクトランサス ’ミラクル・レインボー’ _img
チューリップ・アーチスト_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved