かぎけん花図鑑

パイナップル

基本情報
花名
パイナップル
英名
Pineapple
学名
Ananas comosus
別名
Pineapple
原産地
ブラジル
生活型
熱帯性常緑多年、果実
コメント
パイナップル(Pineapple、学名:Ananas comosus)は、ブラジル原産で、パイナップル科アナナス属の熱帯性常緑多年です。果実の収穫を主目的として栽培されます。名前の由来は、果実(apple)の表面(果表)に多数並んだ茶色い亀甲紋が松ぼっくり(pine)に見えることに因みます。剣のように鋭く、堅く、細長い葉の根元中央部から、太い花茎を出し、その先端から花序を伸ばし青紫色の小花を多数付けます。100個以上の小花が咲いた後の花托が熟した部分が食用となります。パイナップルには種子はありません。繁殖は、根や葉、果実などから出る芽で行います。果実を切ると中の実(果肉)は黄色、多汁で、酸味や甘味があります。生食する他、ジュースや、アイス、砂糖菓子、缶詰、ワイン等の加工品とされます。パイナップルダイエットという美容方法も昔流行しました。スーパーや果物屋で普通にみかける南国の果物です。食用の品種が主ですが、観賞用とされる小振りの品種もあります。
ミニバナナは7月22日の誕生花となっています。
別属ですが、パイナップルに似ている花に、パイナップルリリー(Pineapple lily)、学名:Eucomis autumnalis)があります。
一般名:パイナップル(Pineapple)、学名:Ananas comosus(アナナス)、別名:パイン(Pine)、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱パイナップル目パイナップル科アナナス属パイナップル種、原産地:ブラジル、草丈:50~100 cm、開花期:6月~7月、花色:青紫、栽培地:赤土(酸性土壌)が最適、果実長:20 cm、収穫までの期間:植付けから2年、翌年からは1年周期、収穫期:8月~9月4。
詳細情報
イネ
パイナップル
アナナス
パイナップル
花のタイプ
その他
花の配列
その他
花弁の形
卵形/楕円形
葉のタイプ
線形
葉の縁
棘状
鑑賞場所
温室 (亜)熱帯地域
開花時期
6月 7月
高さ
50  ~ 100  [cm]
花径
3.5  ~ 6