オオイヌノフグリ

  • オオイヌノフグリ_img_0
    オオイヌノフグリ @ 小室山
  • オオイヌノフグリ_img_1
    オオイヌノフグリ @ 若洲
  • オオイヌノフグリ_img_2
    オオイヌノフグリ @ 若洲

基本情報

花名
オオイヌノフグリ
英名
Veronica persica
学名
Veronica persica
別名
Bird's Eye, 瑠璃唐草, 大犬の陰嚢, ルリカラクサ, Persian speedwell, Large field speedwell, Winter speedwell
原産地
ヨーロッパ
生活型
越年草

コメント

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢、学名:Veronica persica)は、ヨーロッパ原産で日本では帰化植物とされる、オオバコ科クワガタソウ属の越年草です。 早春~初夏に、日の当たる草原や都市部などでも樹下の、日本全国至る所で、自生する野草です。茎は根元で分枝してよく広がります。下部の葉は広卵形で対生し、上部の葉は長楕円形で互生します。極く小さな青い花を地面に張り付くように咲かせます。朝に開花し、夕方に閉じる一日花です。
花名は、花が、’イヌノフグリ(犬の陰嚢、学名:Veronica polita)’の花に似ていることに因ります。可愛らしいだけに和名が残念です。
似た花に別科(ムラサキ科)のネモフィラ・メンジーシー 'インシグニスブルー'(Nemophila menziesii 'Insignis blue')があります。

一般名:オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)、学名:Veronica persica、別名:Bird's Eye、Persian speedwell、Large field speedwell、winter speedwell、ルリカラクサ(瑠璃唐草)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ゴマノハグサ科クワガタソウ属、原産地:ヨーロッパ、生息分布:日本全国、環境:野原、草丈:10~25 cm、葉形:広卵形~長楕円形、葉身長:1~2 cm、葉縁:鋸歯有り、左右相称花(花の形異なる)、花序:単生又は総状花序、花冠:4弁花のように見えるが4深裂、花期:2月~5月、花の出る場所:葉腋、花色:空色、花径:5 mm、雄蕊数:2本、雌蕊:1本、果実形:ハート型、果実型:朔果、備考:虫媒花。

詳細情報

シソ
オオバコ
クワガタソウ
オオイヌノフグリ
花言葉
清らか / Pure ()
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
その他
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
2月3月4月5月
高さ
10 ~ 25 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

サルビア・ミクロフィラ 'ホットリップス'_img
セルリアカルメン_img
エビネ 織姫_img
ベニカタバミ_img

ランダムな花

アゼトウナ_img
ハクサンフウロ_img
クロッカス_img
マツバボタン_img
アールラ_img
フリーセア・ヒエログリフィカ_img
ウンシュウミカン_img
ネフティティス・ポイソニー_img
カラスザンショウ_img
メガクリニウム ファルカタム・ジャングル ジェム_img
キバナスズシロ_img
イチハツ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved