ゴーヤー

Momordica charantia

  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • ゴーヤー
  • 花名
    ゴーヤー
  • 学名
    Momordica charantia
  • 別名ゴーヤ, 郷陽, ツルレイシ, 蔓茘枝
  • 原産地熱帯アジア
  • 開花場所庭, 畑
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月

ゴーヤーとは

ゴーヤー(郷陽、学名:Momordica charantial)は、熱帯アジア 原産で、ウリ科ツルレイシ属の蔓性一年草の野菜です。夏に黄色い花を咲かせ、花後にキュウリ似でイボがある濃緑色の果実をつけます。 中の綿や、種子(熟成ば可食)を除いた部分を生食または過熱して食べます。 独特の苦味がありますがビタミンCが豊富で夏バテ予防として人気が高いです。 日本では沖縄産が有名です。 通常の苦瓜は表皮が青く苦味が強いですが、フルーツゴーヤーと呼ばれる 白色の苦瓜は苦味が少なく皮も柔らかいのでので、 台湾ではフレッシュジュースとして飲まれます(高価です)。

✙ゴーヤーブログ【和代さんの庭】ゴーヤー

一般名:ゴーヤー(郷陽) 、学名:Momordica charantia、別名:ツルレイシ(蔓茘枝)、ゴーヤ、ニガウリ(苦瓜)、ツルレイシ、苦瓜(クゥクア) 、Bitter melon(英語)、苦瓜(中国語)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ウリ目ウリ科ツルレイシ属、原産地:熱帯アジア 、生活型:蔓性一年草、蔓長:500 cm、 葉長:3~15 cm、葉形:掌状、葉縁:鋸歯有、花色:黄、開花期:6月~9月、細長い紡錘形で表面全体(果皮)に疣有、体表色:濃緑色、果実長:15~40 cm、食用の可否:食用野菜、可食部:中の綿や、種子(熟成ば可食)を除いた部分、味:苦い、用途:野菜、緑陰植物。 


  • ウリ
  • ウリ
  • ツルレイシ
  • ツルレイシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    高杯形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型蔓性一年草の野菜
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ400.0 ~ 500.0 cm
  • 花径2.5 ~ 3.0 cm

ランダムな花