ネモフィラ インシグニスブルー

青いカーペット

  • ネモフィラ インシグニスブルー	_img_0

    ネモフィラ インシグニスブルー @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
ネモフィラ インシグニスブルー
英名
baby blue eyes
学名
Nemophila menziesii subsp. insignis
別名
ベビーブルーアイズ, Nemophila menziesii 'Insignis blue', baby blue eyes, ルリカラクサ, ネモフィラ, Insignis blue, ネモフィラメンジーシー, Nemophila menziesii
原産地
カリフォルニア等の北米西部
生活型
耐寒性一年草

コメント

ネモフィラ インシグニスブルー(Nemophila menziesii 'Insignis blue'、学名:Nemophila menziesii subsp. insignis)とは、カリフォルニア等の北米西部原産で、ムラサキ科ルリカラクサ属の耐寒性這性一年草です。春に、低い草丈から伸びた花序に釣鐘型で先端が5裂したライトブルーの小花を咲かせます。花は青地で中心部が白い。花弁の先端は丸みを帯びています。群生していれば一面が青い絨毯のように見えます。さらに小さな花を咲かせる野草のオオイヌノフグリと似ています。

一般名:ネモフィラ・メンジーシー 'インシグニスブルー'(Nemophila menziesii 'Insignis blue')、学名:Nemophila menziesii subsp. insignis、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムラサキ目ムラサキ科ルリカラクサ属(ネモフィラ属)、別名:ベビーブルーアイズ(baby blue eyes)、ルリカラクサ(瑠璃唐草)、ネモフィラ・メンジージー、ネモフィラ・インシグニス、コモンカラクサ(小紋唐草)、原産地:北米西部(カリフォルニア)、草丈:10〜20cm、生活型:耐寒性一年草、葉形:羽状複葉、葉縁:裂、放射総称花、花序:渦巻状、花冠形:鐘形、花期:3月〜6月、花径:2cm、花色:空色、開花期:3月~6月。

■ネモフィラの仲間
★ネモフィラ・スノーストーム(Nemophila 'Snowstorm')-白地に細かい紫色の斑点が多数入る花を咲かせる。
★ネモフィラ・メンジーシー'インシグニスブルー'(Nemophila menziesii 'Insignis blue')-青地の花弁の中心部が白い。
ネモフィラ・メンジーシー 'ペニーブラック'(Nemophila menziesii var.discoidalis)ー黒紫地の花弁の先端部が白い。
ネモフィラ・マクラータ(Nemophila maculata)-白地の花弁の先端に1個ずつ紫の斑がある。

詳細情報

ムラサキ
ムラサキ
ルリカラクサ
ネモフィラン・メンジージー 'インシグニスブルー'
花のタイプ
放射相称花
花の配列
さそり型花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鑑賞場所
開花時期
3月4月5月6月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
2 ~ 3

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved