かぎけん花図鑑

ハマダイコン

基本情報
花名
ハマダイコン
英名
Raphanus sativus "raphanistroides"
学名
Raphanus sativus "raphanistroides"
別名
浜大根, Raphanus sativus
原産地
朝鮮、日本、台湾和中国大陸
生活型
野生の多年草
コメント
ハマダイコン(浜大根、学名:Raphanus sativus "raphanistroides")は、朝鮮、日本、台湾和中国大陸原産で、アブラナ科ダイコン属の野生の多年草です。日本全国国の海岸の砂地に自生します。茎に棘状の毛が生えます。葉は根生葉で羽状します。春~初夏に、花茎を出し先端から総状花序を伸ばし、薄桃色の十字花を咲かせます。砂浜に生える野生の大根です。
一般名:ハマダイコン(浜大根)、学名:Raphanus sativus "raphanistroides"、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アブラナ目アブラナ科ダイコン属、原産地:朝鮮、日本、台湾和中国大陸、草丈:30~70 cm、葉:根生葉、葉身長:5~20 cm、葉形:羽状、花径:2 cm、花弁長:2 cm、開花期:3月下旬~6月、花色:桃、花弁数:4。
詳細情報
アブラナ
アブラナ
ダイコン
ハマダイコン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
海岸
ピンク
開花時期
3月 4月 5月 6月
高さ
30  ~ 70  [cm]
花径
2  ~ 2