ダイコン

Raphanus sativus

  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • ダイコン
  • 花名
    ダイコン
  • 学名
    Raphanus sativus
  • 別名スズシロ, 清白, Japanese radish, 大根
  • 原産地コーカサス~中央・西アジア
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月, 5月
  • 花言葉「適応力」「潔白」

ダイコンとは

ダイコン(大根、学名:Raphanus sativus)、はコーカサス~中央・西アジア原産で、アブラナ科ダイコン属の一年草の根菜です。春にアブラナ科特有の十字形をした、白または薄紫の小花を咲かせます。大根には消化酵素のアミラーゼが含まれており、澱粉を分解するので、 胸焼けや胃凭れの防止になります。 「春の七草」の一つで、七草には、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(カブ、蕪)、と共に、スズシロ(ダイコンの古名)が入ります。変種にハツカダイコン(二十日大根)があります。
春の七草の一つです。

春の七草 、
 春の七草粥(日本語のみ)

一般名:ダイコン(大根)、学名:Raphanus sativus、別名:Japanese radish、スズシロ(清白)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アブラナ目アブラナ科ダイコン属、原産地:コーカサス~中央・西アジア 、草丈:10~100cm、葉形:羽状複葉、花色:白、薄紫、花径:1cm、開花期:3月~5月、収穫期:6月~翌1月(除く、8月~10月)、収穫部:根、胚軸、葉。


  • アブラナ
  • アブラナ
  • ダイコン
  • ダイコン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    羽状複葉
  • 葉縁
    波状
  • 生活型一年草の根菜
  • 花の色白 桃 紫
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 100.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花