ツリーワラタ

  • ツリーワラタ_img_0
    ツリーワラタ @ シドニー王立植物園

基本情報

花名
ツリーワラタ
英名
Tree warata
学名
Alloxylon flammeum
別名
Tree waratah, Alloxylon flammeum
原産地
オーストラリアのクイーンズランド州北部
生活型
熱帯雨林性常緑高木

コメント

ツリーワラタとは

ツリーワラタ(Tree waratah、学名:Alloxylon flammeum)はオーストラリアのクイーンズランド州北部原産で、ヤマモガシ科テロペア属の熱帯雨林性高木です。 属名の”Alloxylon”はラテン語の”Allo”(奇妙な)+”xylon”(キロン、木材)から、種小名の ”flammeum” は花色から(炎色の)と言う意味です。クイーンズランド州の州木とされます。

一般名:ツリーワラタ(Tree waratah)、学名:Alloxylon flammeum、別名:Alloxylon flammeum、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ヤマモガシ目ヤマモガシ科テロペア属ツリーワラタ種、原産地:オーストラリアのクイーンズランド州北部の熱帯雨林、生活型:高木、樹高:10~30 m、樹皮色:淡灰色、樹径:60 cm、葉質:皮質で厚い、葉序:互生、葉形:楕円形、葉色:光沢のある緑色、葉長:15~17 cm、葉幅:5 cm、花色:朱赤、花序径:7.5 cm、小花長:4 cm、開花期:8月~10月(南半球)、花の形:管状、果実期:2月~3月、果実形:長方形、萼片数(総苞片数)、特記:クイーンズランド州の州木。

詳細情報

ヤマモガシ
ヤマモガシ
テロペア
ツリーワラタ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
管状形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
特定の地域
開花時期
8月9月10月
高さ
1000 ~ 3000 [cm]
花径
7 ~ 8

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

ハッサク_img
ラウレンティア 'アバンギャルド・バイオレット'_img
ホウレンソウ_img
オキザリス・ボーウィ_img
クンシラン_img
ハマゴウ_img
スイレンボク_img
レッドパウダーパフ_img
ヤブラン_img
ヒメイチゴノキ_img
カンアオイ_img
ウメ ヤエカンコウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved