オオケタデ

オオケタデ_img_0

基本情報

花名
オオケタデ
英名
Polygonum orientale
学名
Polygonum orientale
別名
原産地
熱帯アジア
生活型
大型の一年草

コメント

オオケタデ(大毛蓼、学名:Polygonum orientale)は、熱帯アジア原産でタデ科の大型一年草です。夏から秋に、長く伸びた茎が多数分枝して、その先に稲穂状に米粒大の濃桃色の小花を多数つけて垂下して咲きます。葉は幅広の緑色で先端が尖ります。葉茎に毛が多数生えています。 観賞用として栽培されるものもありますが、野生化して道端に生えています。イヌタデ(犬蓼)や、オオイヌタデ(大犬蓼)に似ていますが、それより大型で葉幅もあります。 花名はタデ科で茎葉に毛が多く、また背丈が高くて大きいことからつけられました。 葉汁に毒消しの薬効がある植物です。
一般名:オオケタデ(大毛蓼)
学名:Polygonum orientale(ポリゴナム・オリエンタル)
別名:オオベニタデ(大紅蓼)
分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目タデ科タデ属
原産地:熱帯アジア、草丈:100~200cm、葉長:10~20cm、花序径:穂状花序、花穂長:5~10cm、花色:桃、花径:0.5cm、開花期:7月-11月

詳細情報

ナデシコ
タデ
タデ
オオケタデ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
ピンク
開花時期
7月8月9月10月11月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved