パフィオ・プレミアムマジック 'イーストリバー'

  • パフィオ・プレミアムマジック 'イーストリバー'_img_0
    パフィオ・プレミアムマジック 'イーストリバー' @ 後楽園ドーム

基本情報

花名
パフィオ・プレミアムマジック 'イーストリバー'
英名
Paphiopedilum derenati
学名
Paph. premium magic 'east river'
別名
原産地
園芸品種
生活型
常緑多年草

コメント

パフィオ・プレミアムマジック 'イーストリバー'とは

パフィオ・プレミアムマジック 'イーストリバー'(Paph. Premium Magic 'East River')は、ラン科の常緑多年草「パフィオペディルム」の園芸品種の一つです。

パフィオペディルムは、食虫植物のように見える蘭です。これは、正面にある大きな袋状の唇弁が虫を捕らえて消化する葉のように見えるからですが、蘭にそのような機能はありません。

一般的な蘭の花の構造は、通常、外花被片3枚と内花被片3枚から構成されています。外花被片は背萼片1枚と側萼片2枚から成り、内花被片は側花弁2枚と唇弁1枚から成ります。

パフィオペディラムの場合は、この内花被片の側花弁2枚が合着し1枚となり唇弁1枚が袋状となっています。これが食虫植物のように見えます。

'イーストリバー'は、花全体は白で、2枚の側花片と背萼片1枚の基部付近と唇弁が薄黄色をしています。この写真は「世界らん展2019」へ出展品で、出展者は佐藤健二氏です。

花言葉は「優雅な装い」や、「変わり者」など。

詳細情報

キジカクシ
ラン
パフィオペディルム
パフィオペディルム・インシグネ
花言葉
優雅な装い / graceful attire (12月27日)
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
波状
鑑賞場所
温室
開花時期
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
高さ
20 ~ 40 [cm]
花径
6 ~ 12

アクセスランキング(日別)

アンゲロニア・セレナ_img
ブラシノキ_img
キク_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ローズマリー_img
変化朝顔 黄打込渦桔梗葉紺覆輪桔梗八重咲_img
コバンソウ_img
ベチバー_img
ノカンゾウ_img
グンバイヒルガオ_img
オオシマザクラ_img
カマツカ_img
ハンゲショウ_img
オオバキリン_img
ダールベルグデージー_img
ハクウンボク_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved