かぎけん花図鑑

ツバキ ダローネガ

基本情報
花名
ツバキ ダローネガ
英名
Dallohnega
学名
Camellia japonica 'dallohnega'
別名
Dallohnega
原産地
アメリカ
生活型
常緑低中低木
コメント
ツバキ ダローネガ(Dallohnega、学名:Camellia Japonica 'Dallohnega')は、ツバキ科ツバキ属の耐寒性常緑中低木生です。アメリカで育種されたジャポニカ(Camellia Japonica)です。春咲き品種で、花は淡黄色、千重咲、中輪花を咲かせます。
花名は椿としては珍しい黄色の花色に関係し、アメリカ先住民の言葉で「金」を意味し、初めてゴールドラッシュが起きたジョージア州の町名が付けられました。黄色い椿の花言葉は、「円満」です。
樹高:2~3 m、樹幅:1.5~2 m、樹形:立ち性、葉形:長楕円形、花色:薄黄色、、花形:千重咲き、花径:中輪咲き(8~10 ㎝)、開花時期:2月~4月(春咲き)、産地:アメリカ、用途:庭植、鉢植え、切り花、一輪挿し、茶花、生垣。
特集「椿」 https://www.flower-db.com/ja/special/23/2
Feature Camellia https://www.flower-db.com/en/special/23/2
特点 山茶 https://www.flower-db.com/zh/special/23/2
詳細情報
ツツジ
ツバキ
ツバキ
ツバキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
バラ形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 鉢花
クリーム
開花時期
3月 4月
高さ
200  ~ 300  [cm]
花径
8  ~ 10