イワチドリ

  • イワチドリ_img_0
    イワチドリ @ 京都府立植物園
  • イワチドリ_img_1
    イワチドリ @ 京都府立植物園
  • イワチドリ_img_2
    イワチドリ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
イワチドリ
英名
Iwachidori
学名
Ponerorchis keiskei
別名
岩千鳥, 八千代, Ponerorchis keiskei, Iwachidori, 千鳥蘭, 君が代
原産地
日本の本州~四国、伊豆諸島
生活型
落葉性野生蘭の多年草

コメント

イワチドリとは

イワチドリ(岩千鳥、学名:Ponerorchis keiskei)は日本固有種で、ラン科ヒナラン属の小型の落葉性野生蘭の多年草(球根植物)です。日本の本州から四国と、伊豆諸島に分布し、湿った岩場に生えます。地下の塊茎から葉柄を出し長楕円形の葉を1枚付けます。草丈は5~15cmです。
春~初夏に、花茎を出し、先端から穂状花序を伸ばし桃色の小花を1~10個付けます。花は大文字草に似ており人形をしています。唇弁は3裂し、中裂片はさらに2つに割れます。唇弁には濃桃色の斑点が2列入ります。花色には他に、白や紫が有ります。
種小名の「keiskei」は明治時代の日本の植物学者「Dr. Keisuke Ito(伊藤圭介博士)」に因みます。

synonym: Amitostigma keiskei、
又名:Iwachidori、八千代、千鳥蘭、君が代、
葉長:3~5 cm、葉形:長楕円形、
開花期:4月~6月、用途:園芸植物。

詳細情報

キジカクシ
ラン
ヒナラン
イワチドリ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
鉢花
ピンク, 紫, 白
開花時期
4月5月6月
高さ
5 ~ 15 [cm]
花径
1 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

エーデルワイス_img
シャコバサボテン_img
コウテイダリア_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

クマノミズキ_img
チューリップ・ガブリエラ_img
ビリバ_img
セイヨウヒイラギ_img
アサギリソウ_img
トウジンビエ パープルマジェスティ_img
ムクロジ_img
ツバキ アマノガワ_img
イガオナモミ_img
サラソウジュ_img
アオノクマタケラン_img
トケイソウ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved