ハナハマサジ

  • ハナハマサジ_img_0
    ハナハマサジ @ 立山室堂
  • ハナハマサジ_img_1
    ハナハマサジ @ 京都府立植物園
  • ハナハマサジ_img_2
    ハナハマサジ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
ハナハマサジ
英名
Limonium sinuatum
学名
Limonium sinuatum
別名
Limonium sinuatum, スターチス, ハナハマサジ, 花浜匙, Wavyleaf sea-lavender, Limonium, リモニウム
原産地
スペイン~北アフリカの地中海沿岸
生活型
半耐寒性多年草

コメント

ハナハマサジとは

ハナハマサジ(花浜匙、学名:Limonium sinuatum)は、スペイン~北アフリカの地中海沿岸原産でイソマツ科イソマツ属の半耐寒性多年草です。英名では、リモニウム(Limonium)、以前はスターチス(Statice)と呼ばれていました。原産地では海岸の砂地に自生する野草で乾燥や塩分に強いです。地際から放射状に延びた葉の間からやや扁平で翼のある花茎を直立させ、春~秋に、花茎先端から円錐花序を伸ばし、青紫や、白、赤、橙、黄、ピンクの漏斗状の花を付けます。しかし、花のように見えるのは、花ではなく萼で、本当の花はその中にある白い小さな筒状のものですぐ落花します。萼が綺麗で長持ちするので観賞用の切花や、花壇花、鉢物、ドライフラワーに使われます。花言葉は「変わらぬ心」です。

一般名:ハナハマサジ(花浜匙)、学名:Limonium sinuatum(リモニウム・シアヌツム)、シノニウム:Statice Linoniumu、又名:スターチス(Statice)、 リモニウム(Limonium)、Wavyleaf sea-lavender、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱イソマツ目イソマツ科イソマツ属ハナハマサジ種、原産地:地中海沿岸、環境:乾燥地または海岸、生活型:半耐寒性多年草(宿根草)で一期咲き、草丈:45~70 cm、葉形:槍形、葉身長:20 cm、葉縁:波状で浅裂、花茎:直立、開花期:4月~10月、花序形:円錐花序または、穂状花序、萼形:漏斗状、花色(実際には、萼片):青紫、白、赤、橙、黄、ピンク、小花(花弁):白い小さな筒状のもの、小花径:0.3 cm、花弁数:5、雄蕊数:5、雌蕊数:5、果実:蒴果または堅果、用途:観賞用の切花、花壇、鉢物、ドライフラワー。

詳細情報

ナデシコ
イソマツ
イソマツ
ハナハマサジ
花言葉
変わらぬ心 / Unchanged mind (04月18日, 04月29日, 11月17日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
矢じり形
葉の縁
波状
鑑賞場所
切り花・生け花植物園公園鉢花
赤, ピンク, 青, 紫, 橙, 黄, クリーム, 白
開花時期
4月5月6月7月8月9月10月
高さ
45 ~ 70 [cm]
花径
0.3 ~ 0.3

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ネジバナ_img
ルリハナガサモドキ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

ウツギ_img
アルペン・アスター_img
シャムソケイ_img
ドラセナ・スルクロサ_img
スキミア・ルベラ_img
ダツラ_img
クマザサ_img
ミヤマキケマン_img
ヘミグラフィス 'エキゾティカ'_img
キバナセンニチコウ_img
ヘレボルス・ニゲル_img
アメリカフヨウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved