カマクラヒバ

  • カマクラヒバ_img_0
    カマクラヒバ @ 小石川植物園
  • カマクラヒバ_img_1
    カマクラヒバ @ 小石川植物園
  • カマクラヒバ_img_2
    カマクラヒバ @ 小石川植物園
  • カマクラヒバ_img_3
    カマクラヒバ @ 小石川植物園

基本情報

花名
カマクラヒバ
英名
Golden threadleaf sawara cypress
学名
Chamaecyparis obtusa cv. breviramea
別名
チャボヒバ
原産地
ヒノキの栽培品種
生活型
常緑針葉低木

コメント

カマクラヒバとは

カマクラヒバ(鎌倉檜葉、学名:Chamaecyparis obtusa cv. Breviramea)は日本原産でヒノキ科ヒノキ属の常緑低木「ヒノキ」の矮性園芸品種です。チャボヒバ(矮鶏檜葉)とも呼ばれ、樹高は最大でも8m程です。樹形は狭円錐形に纏まります。葉は柔らかく、ヒノキより小さく、扇状に密生します。

一般名:カマクラヒバ(鎌倉檜葉)、学名:Chamaecyparis obtusa cv. Breviramea、生息分布:北海道~九州、又名:チャボヒバ(矮鶏檜葉)、樹高:5~7 m、開花期:4月、結実期:10月~11月、用途:生垣、庭園樹、公園樹。

詳細情報

マツ
ヒノキ
ヒノキ
カマクラヒバ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
園芸品種盆栽観葉植物
緑, 橙
開花時期
4月
高さ
500 ~ 700 [cm]
花径
0.3 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

カサブランカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img

ランダムな花

フヨウ_img
レイジンソウ_img
ツバキ シボリオトメ_img
エゾイソツツジ_img
カサブランカ_img
ムクゲ_img
アオキ 'サルフレア・マルギナータ'_img
ウリハダカエデ_img
オカトラノオ_img
アカザ_img
ミズナス_img
マイタケ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved