ホルストサンユウカ

  • ホルストサンユウカ_img_0
    ホルストサンユウカ @ 神代植物公園

基本情報

花名
ホルストサンユウカ
英名
Tabernaemontana horstii
学名
Tabernaemontana pachysiphon
別名
Tabernaemontana pachysiphon, 矮性サンユウカ, Tabernaemontana horstii
原産地
熱帯アフリカ東部
生活型
非耐寒性常緑低木

コメント

ホルストサンユウカとは

ホルストサンユウカ(学名:Tabernaemontana pachysiphon)は、熱帯アフリカ東部原産で、キョウチクトウ科サンユウカ属の非耐寒性常緑低木です。原産地では標高0~2200 mまでの森林に自生します。旧学名からタベルナエモンタナ・ホルスティー(Tabernaemontana horstii)、また樹高が低いので、矮性サンユウカまたは、Dwarfサンユウカとも呼ばれれます。花茎の先に白~クリーム色をした風車形で10 cm程の大きな花を咲かせます。花にはクチナシのような芳香があります。原産地では止血剤などの民間薬に使われています。

一般名:ホルストサンユウカ(horstiiさんゆうか)、学名:Tabernaemontana pachysiphon、シノニム:Conopharyngia holstii[、Tabernaemontana horstii、別名:タベルナエモンタナ・ホルスティー(Tabernaemontana horstii)、矮性サンユウカ、Dwarfサンユウカ、分類名:植物界被子植物門双子葉植物網リンドウ目キョウチクトウ科サンユウカ属、原産地:熱帯アフリカ東部、生活型:非耐寒性常緑低木、樹高:7~15 m、葉色:緑色 葉形:長楕円形 葉序:対生、花序:単頂花序、花冠形:風車形で先端が5深裂する、花径:10 cm、花色:薄黄色、開花期:5月、6月、香り:花にクチナシに似た芳香有、果実色:緑、果実形:球形、果実径:15 cm、用途:鉢植え、民間薬。

詳細情報

リンドウ
キョウチクトウ
サンユウカ
ホルストサンユウカ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
車形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園鉢花
クリーム, 白
開花時期
5月6月
高さ
700 ~ 1500 [cm]
花径
10 ~ 10

アクセスランキング(日別)

カサブランカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img

ランダムな花

アリウム・ギガンテウム_img
コウヨウザン_img
マンゴー_img
ルドベキア_img
熱帯睡蓮 ’ニンファエア・イミュタビリス’_img
ミズヒキ_img
ニューギニア・インパチェンス_img
ツガザクラ_img
タイリンオオアマナ_img
ストロベリー・キャンドル_img
マリアアザミ_img
フルーツセージ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved