オマツリライトノキ

  • オマツリライトノキ_img_0
    オマツリライトノキ @ 神代植物公園
  • オマツリライトノキ_img_1
    オマツリライトノキ @ 神代植物公園

基本情報

花名
オマツリライトノキ
英名
Water Jasmine
学名
Wrightia rerigiosa
別名
Water Jasmine, Wild Water Plum, Sacred Buddhist, ライティア・レリギオサ
原産地
タイ~ベトナム
生活型
落葉低木

コメント

オマツリライトノキ(学名:Wrightia rerigiosa)はタイ~ベトナム原産で、キョウチクトウ科ライティア属の落葉低木です。葉は披針形で先が鋭ります。葉腋から細長い花柄を伸ばし白花を下垂させます。花は筒型で先端が5裂します。花にはジャスミン系の保意向があります。現地では、縁起の良い植物として寺院に植えられたり、刈込に強いのでトピアリーに使われます。香りが良いので香木として庭木や盆栽に使われます。葉は青色の染料となります。

一般名:オマツリライトノキ、学名:Wrightia rerigiosa、Synonym:Echites religiosus、又名:ライティア・レリギオサ、Water Jasmine、Wild Water Plum, Sacred Buddhist、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目キョウチクトウライティア属、樹高:50~300 m、葉形:披針形で鋭頭、葉序:対生、葉縁:全縁、花序:単頂/集散花序、花色:白、花径:3~4 cm、開花期:2月~4月(現地では周年)、果実莢果、果実長:10~14 cm、用途:葉は青い染料となる。

詳細情報

リンドウ
キョウチクトウ
ライティア
オマツリライトノキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海外墓地・寺院
開花時期
5月6月7月8月9月10月
高さ
50 ~ 300 [cm]
花径
3 ~ 4

アクセスランキング(日別)

リップスティック・プラント_img
ラタニアヤシ_img
ルドベキア_img
コウヨウザン_img

ランダムな花

ウバユリ_img
パープルリーフサンドチェリー_img
シルバー・スウォード_img
花菖蒲 萩の下露_img
ハッサク_img
タイワンモミジ_img
セルリアカルメン_img
バナナ_img
モミジカラマツ_img
ストロベリー・キャンドル_img
ミズバショウ_img
リキュウバイ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved