ウサギギク

  • ウサギギク_img_0
    ウサギギク @ 立山室堂
  • ウサギギク_img_1
    ウサギギク @ 立山室堂
  • ウサギギク_img_2
    ウサギギク @ 立山室堂
  • ウサギギク_img_3
    ウサギギク @ 立山室堂

基本情報

花名
ウサギギク
英名
Usagigiku
学名
Arnica unalascensis var. tschonoskyi
別名
兎菊, キングルマ
原産地
日本、千島~アリューシャン
生活型
高山性多年草

コメント

ウサギギクとは

ウサギギク(兎菊、学名:Arnica unalascensis var. tschonoskyi)は、日本、千島~アリューシャン原産で、キク科ウサギギク属の高山性多年草です。
日本では、北海道、中部以北の高山の草地に自生します。
草丈は低く、花は黄色い頭花で茎先に一輪咲かせます。葉は緑色のへら形で5脈があります。
花名はキク科の植物で、対生する葉が兎の耳のように見えることに拠ります。
また、黄色い、中央にある丸い筒状花を、同じく黄色い舌状花がぐるりと取り囲む花形から、’キングルマ(金車)’とも呼ばれます。
命名上の母種はエゾウサギギク(蝦夷兎菊、学名:Arnica unalascensis)で、似ています。
両者の違いは、筒状花の筒部が有毛なのが兎菊(A.unalascensis var. tschonoskyi)で、無毛なのが蝦夷兎菊(学名:Arnica unalascensis)です。
変数名の’ tschonoskyi’は、須川長之助氏への献名です。

ウサギギクの詳細情報


一般名:ウサギギク(兎菊)、学名:Arnica unalascensis var. tschonoskyi、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ウサギギク属エゾウサギギク種ウサギギク変種
株高:15~35 cm、花径:4~4.5 cm、葉形:へら形で5脈あり、茎葉序:対生、
花色:黄色、花序:単頂花、花冠形:頭花、花径:4~4.5 cm、開花期:7月~8月、
果実型:痩果。

参考文献


文献:「日本の高山植物」山と渓谷社

詳細情報

キク
キク
ウサギギク
エゾウサギギク種ウサギギク変種
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
へら形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山
開花時期
7月8月
高さ
15 ~ 35 [cm]
花径
4 ~ 4.5

アクセスランキング(日別)

サイコトリア・ペピギアナ_img
オウコチョウ_img
サルビア・ミクロフィラ 'ホットリップス'_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

アフリカンマリーゴールド_img
ダッチ・アイリス_img
エキウム・カンディカンス_img
モロヘイヤ_img
ナギイカダ_img
キングサリ_img
バンダ・サンサイブルー_img
ケシロヨメナ_img
カンヒザクラ_img
カトレア ワルケリアナ_img
チシマキンバイ_img
ウワミズザクラ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved