クロビイタヤ

  • クロビイタヤ_img_0
    クロビイタヤ @ 北海道稚内
  • クロビイタヤ_img_1
    クロビイタヤ @ 北海道大学

基本情報

花名
クロビイタヤ
英名
Acer miyabei
学名
Acer miyabei
別名
黒皮板屋, ミヤベイタヤ, Acer miyabei, 宮部板屋
原産地
日本固有種
生活型
落葉高木

コメント

クロビイタヤとは

クロビイタヤ(黒皮板屋、学名:Acer miyabei )は日本固有種で、ムクロジ科カエデ属の落葉高木です。北海道~東北北部の山地に自生します。樹皮は灰褐色をしており剥がれます。葉は、いわゆる、カエデの名前の由来となった蛙手の原型のような掌状(五葉)をしています。葉縁には丸味を帯びた鋸歯があります。新葉は緑色で、秋に黄葉します。雌雄同株で、両性花と雄性花を咲かせます。花は黄色。花名はイタヤカエデと似ていますが樹皮が黒いことが名前の由来です。宮部金吾博士によって明示17年(1884年)に日高地方で発見されたので種小名にmiyabeiと付きます。

一般名:クロビイタヤ(黒皮板屋)、学名:Acer miyabei 、又名:ミヤベイタヤ(宮部板屋)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属、樹高:10~20 m、葉序:対生、放射相称5数性、雌雄同株、花序:伞房花序、花径:3 cm、開花期:4月~6月、紅葉期:10月~12月、果実型:2つの翼果(1対の分離翼果)、風媒花、風媒期:10月~11月、備考:絶滅危惧種。

詳細情報

ムクロジ
ムクロジ
カエデ
クロビイタヤ
花言葉
「美しい変化」「大切な思い出」 / reserve ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
掌状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山
開花時期
4月5月6月
高さ
1000 ~ 2000 [cm]
花径
2.5 ~ 3.5

アクセスランキング(日別)

アスチルベ_img
ルリトウワタ_img
ストロベリー・キャンドル_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

トウダイグサ_img
カーネーション_img
菊 富士の輝き_img
アガベ・フランゾシニー・カクタス_img
ハルジオン_img
レウカデンドロン・ディスカラー_img
テガタチドリ_img
ジョウザン_img
コムラサキ_img
ナガハアデク_img
シマオオタニワタリ_img
ザクロ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved