アカモノ

ツツジ 目ツツジ 科シラタマノキ 属アカモノ 種
アカモノ_img_0

基本情報

花名
アカモノ
英名
Gaultheria adenothrix
学名
Gaultheria adenothrix
別名
イワナゼ, 赤物
原産地
北海道〜本州〜四国の日本
生活型
常緑小低木

コメント

アカモノ(赤物、学名:Gaultheria adenothrix)は夏、葉より先に、総状花序を伸ばし、鮮赤色の萼にスズラン(鈴蘭)に似た釣鐘形の白或いは薄桃色の小花を付けるツツジ科シラタマノキアカモノ種の常緑小低木です。花冠の先は浅く五裂しています。萼や枝には鮮赤色の腺毛が密集して生えます。花後に出る葉は皮質で小さい卵形をしており互生して付きます。葉縁には鋸歯があり、その先端に長毛が生えます。花後に成長する萼は果実を包み、秋に赤い偽果となります。この小さな偽果は甘く食べられます。
一般名:アカモノ赤物)、
学名:Gaultheria adenothrix、別名:イワナゼ(岩黄櫨)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科シラタマノキ属、
生息分布:北海道から本州、四国の日本、 生活環境:山地の日照地、生活型:常緑小低木、樹高:10〜30cm、萼・枝:鮮赤色で腺毛有、
葉質:厚く皮質で光沢があり硬い、葉長:1〜3cm、葉色:緑、葉形:卵形で先が尖る、葉序:互生、葉縁:鋭い鋸歯+長い毛、花序形:総状花序、花期:5月~7月、花色:白~薄桃地で縦に赤線が入り下向き、花径:0.5~0.8cm、花形:釣鐘形で先端が5浅裂、萼色:赤色、果実型:偽果、果実色:赤、食用の可否:可

詳細情報

ツツジ
ツツジ
シラタマノキ
アカモノ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山
ピンク, 白
開花時期
5月6月7月
高さ
10 ~ 30 [cm]
花径
0.5 ~ 0.8
特集
アフリカ原産の花
Agapanthus africanus_img
特集
変わった植物
Phytolacca dioica_img
特集
中島みゆき的花(ア行)
Pandanus odoratissimus_img
特集
花菖蒲
Iris ensata var. ensata ’aio’_img
特集
エビネ特集
Calanthe discolor_img
特集
ラン科の花
Epidendrum_img

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved