スズラン

  • スズラン_img_0

    スズラン @ 稚内

  • スズラン_img_1

    スズラン @ 稚内

基本情報

花名
スズラン
英名
Lily of the valley
学名
Convallaria keiskei
別名
キミカゲソウ, 鈴蘭, Lily of the valley, Convallaria majalis, Convallaria keiskei
原産地
日本と中国
生活型
多年草、有毒植物

コメント

スズラン(鈴蘭、学名:Convallaria keiskei)は、日本と中国原産でキジカクシ科スズラン属の多年草です。日本の北海道を代表する花です。初夏に、野原等で花茎に10数個の白い釣鐘型の小花を下向きに垂下して咲かせます。小花の先は浅く6裂し、花に芳香があります。長楕円形の2枚の葉が花茎とは別に出て、花茎より高い所まで伸びて花を覆います。花後に球形の実がなり赤熟します。残念ながら、全草が強烈な毒性を持つ有毒植物です。この在来種の他に、園芸用に育種されて大型の花を咲かせるドイツスズラン(独逸鈴蘭、学名:Convallaria majalis var. majalis)があります。 スノーフレーク(Snowflake、学名:Leucojum aestivum)は花が鈴蘭に似ているので「スズランスイセン(鈴蘭水仙)」とも呼ばれます。

一般名:スズラン(鈴蘭) 、学名:Convallaria keiskei 、広義の学名:Convallaria majalis、別名:Lily of the valley、キミカゲソウ(君影草) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キジカクシ目キジカクシ科スズラン属 、原産地:在来種は北海道、 生活型:多年草、草丈:20~30cm、葉長:15~20cm 、葉形:長楕円形、花径:4cm、開花期:5月下旬~6月、花色:白、花径:0.8cm、花形:釣鐘型、果実径:1cm、果実色:赤、注記:有毒植物。

詳細情報

キジカクシ
キジカクシ
スズラン
スズラン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
北海道鉢花
開花時期
5月6月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
0.8 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

キブシ_img
テマリソウ_img
パンノキ_img
エルサレムセージ_img

ランダムな花

マーガレット・キューティーマイス_img
ブラック・バット・フラワー_img
カヤ_img
バラ 'セイリュウ'_img
ミドリサンゴ_img
シキミ_img
ライムポトス_img
スターフルーツ_img
コルディリネ・テルミナリス 'リリノエ'_img
カラマツソウ_img
カランコエ_img
テンニンギク_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved