スズラン

Convallaria keiskei

  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • スズラン
  • 花名
    スズラン
  • 学名
    Convallaria keiskei
  • 別名キミカゲソウ, 鈴蘭, Lily of the valley, Convallaria majalis, Convallaria keiskei, 君影草
  • 原産地日本と中国
  • 開花場所庭, 北海道, 鉢花
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉再び幸せが訪れる

スズランとは

スズラン(鈴蘭、学名:Convallaria keiskei)は、日本と中国原産でキジカクシ科スズラン属の多年草です。和名ではキミカゲソウ(君影草) 、英名では’Lily of the valley’と呼ばれます。北海道を代表する花です。初夏に、野原等で、花茎に10数個の白い釣鐘型の小花を下向きに垂下して咲かせます。小花の先は浅く6裂し、花には芳香があります。長楕円形の2枚の葉が花茎とは別に出て、花茎より高い所まで伸びて花を覆います。花後に球形の実がなり赤熟します。残念ながら、全草に強烈な毒がある有毒植物です。花言葉は「再び幸せが訪れる」。
この在来種の他に、園芸用に育種されて大型の花を咲かせるドイツスズラン(独逸鈴蘭、学名:Convallaria majalis var. majalis)があります。
似ている花に「スズランスイセン(鈴蘭水仙)」とも呼ばれるスノーフレーク(Snowflake、学名:Leucojum aestivum)があり間違えられることがあります。

一般名:スズラン(鈴蘭) 、学名:Convallaria keiskei 、広義の学名:Convallaria majalis、別名:キミカゲソウ(君影草) 、Lily of the valley、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キジカクシ目キジカクシ科スズラン属 、原産地:在来種は北海道、生活型:多年草、草丈:20~30 cm、葉長:15~20 cm 、葉形:長楕円形、花径:4 cm、開花期:5月下旬~6月、花色:白、花径:0.8 cm、花形:釣鐘型、果実径:1 cm、果実色:赤、注記:有毒植物。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • スズラン
  • スズラン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草、有毒植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 30.0 cm
  • 花径0.8 ~ 0.8 cm

ランダムな花