ドイツスズラン

Convallaria majalis var. majalis

  • ドイツスズラン
  • ドイツスズラン
  • ドイツスズラン
  • ドイツスズラン
  • ドイツスズラン
  • ドイツスズラン
  • 花名
    ドイツスズラン
  • 学名
    Convallaria majalis var. majalis
  • 別名May Lily
  • 原産地ヨーロッパ
  • 開花場所庭, 植物園
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉再び幸せが訪れる

ドイツスズランとは

ドイツスズラン(独逸鈴蘭、学名:Convallaria majalis var. majalis)は、ヨーロッパ原産で、日本のスズラン(鈴蘭、学名:Convallaria keiskei)と似ています。
日本のスズランに比べて、ドイツスズランの方がより大きな花を咲かせ、香りが強く、葉幅が広いです。
ドイツで生産が多かったことが名前の由来です。

一般名:ドイツスズラン(独逸鈴蘭) 、学名:Convallaria majalis var. majalis、
別名:Lily of the valley、May Lily(メイリリー)、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キジカクシ目キジカクシ科スズラン属 、
原産地:ヨーロッパ、生活型:多年草、草丈:20~30 cm、葉長:20~30 cm 、葉形:長楕円形、
開花期:4月下旬~5月上旬、花色:白、花、花径:1~1.5 cm、花形:釣鐘型、果実径:1-1.5 cm、果実色:赤、
注記:強心剤、香水の原料。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • スズラン
  • スズラン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型多年草、有毒植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 30.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.5 cm

ランダムな花