アスパラガス シュプレンゲリ

アスパラガス シュプレンゲリ_img_0

基本情報

花名
アスパラガス シュプレンゲリ
英名
Asparagus fern
学名
Asparagus densiflorus cv. sprengeri
別名
アスパラガス デンシフロルス スプレンゲリ, 杉葉葛, アスパラガス, デンシフロルス, スプレンゲリ
原産地
南アフリカ、熱帯アジア
生活型
常緑多年草

コメント

アスパラガス シュプレンゲリ(Asparagus Sprengeri、学名:Asparagus densiflorus cv. Sprengeri)は、キジカクシ科クサスギカズラ属の常緑多年草「アスパラガス・デンシフロルス(Asparagus densiflorus )」の園芸品種「スプレンゲリ」です。草丈が高い品種で枝が垂れ下がります。葉のように見えるものは葉ではなく、茎が葉のように変化した擬葉(葉状枝)です。擬葉は明るい緑色で線形をしています。擬葉は直立して伸張するのではなく、蔓で群生し四方に広がり下垂します。よく分枝する茎には棘があります。夏に広鐘形の先端が6裂した小さな白~淡紅色の芳香の良い花を咲かせます。花後に成る果実は小球形で赤く熟します。用途:吊り鉢で観賞します。
一般名:アスパラガス シュプレンゲリ、学名:Asparagus densiflorus cv. Sprengeri、アスパラガス デンシフロルス スプレンゲリ、別名:スギノハカズラ(杉葉葛)、アスパラガス スプレンゲリ(Asparagus sprengeri)、アスパラガス ファーン(Asparagus fern)、レース・ファーン(Lace fern)、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目キジカクシ科クサスギカズラ属、原産地:南アフリカ、熱帯アジア、草丈:200 cm、生活型:常緑多年草、茎:円柱形で稜線があり上部で分枝、葉:鱗片葉(鱗片状に退化)、鱗片葉長:0.1 cm、葉のように見えるもの:葉状枝(細長く分枝した枝)、葉状枝長:1~2 cm、葉状枝形:線形、雌雄異株、花序:総状花序、花被:広鐘形、花色:白~淡紅色、花被片長:0.2~0.3 cm、花柄長:0.1~0.2 cm、果実型:液果、果実形:球形、果実色:緑→赤熟 。

詳細情報

キジカクシ
キジカクシ
クサスギカズラ
アスパラガス・デンシフロルス ‘スプレンゲリ’
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
ピンク, 白
開花時期
6月7月
高さ
200 ~ 200 [cm]
花径
0.2 ~ 0.3

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved