ヒメヒオウギ

  • ヒメヒオウギ_img_0

    ヒメヒオウギ @ 浜名湖花博2004

  • ヒメヒオウギ_img_1

    ヒメヒオウギ @ 和代様宅

基本情報

花名
ヒメヒオウギ
英名
Freesia laxa
学名
Freesia laxa
別名
アノマテカ, Anomatheca, 姫檜扇, Lapeirousia
原産地
南アフリカ
生活型
半耐寒性球根の多年草

コメント

ヒメヒオウギ(姫檜扇、学名:Anomatheca laxa)は、南アフリカ原産で、アヤメ科アノマテカ属の半耐寒性球根の多年草です。花の咲き姿がフリージアに似ており、横に伸びた花茎に一列に7〜8個の花をつけますが、6枚の花弁の内、片側3枚のみに濃色のブロッチ(斑点)が入ります。球根を秋に植えると、翌年5月に開花します。花色にはピンク地に赤いブロッチのものや、白地に赤いブロッジのものがあります。鉢植えや庭植えされます。

一般名:ヒメヒオウギ(姫檜扇) 、学名: Freesia laxa、シノニム: Anomatheca laxa, Lapeirousia laxa 、別名:アノマテカ(Anomatheca)、ラペルージャ(Lapeirousia laxa)、Freesia laxa、False Freesia、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目アヤメ科アノマテカ属、原産地:南アフリカ、生活型:半耐寒性球根植物、草丈:30〜50cm、地下茎:球根状、葉色:緑、葉形:線形、開花期:5月、花色:朱赤・桃 ・白 ・青、花径:3 cm、果実型:蒴果。

詳細情報

キジカクシ
アヤメ
ヒメヒオウギ
ヒメヒオウギ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
あやめ形
葉のタイプ
剣形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, ピンク, 青, 白
開花時期
5月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
3 ~ 3

アクセスランキング(日別)

サンチュ_img
ホワイト・バット・フラワー_img
ノウゴウイチゴ_img
ベニバナ_img

ランダムな花

ビロー_img
クガイソウ_img
ツルラン_img
エビチャスミレ_img
ワレモコウ_img
ツノナス_img
クロコショウ_img
マルバヒユ_img
トキワサンザシ_img
クリ_img
中国春蘭 蓮瓣蘭 桃花 '惜春'_img
サザンカ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved