アリノスダマ

  • アリノスダマ_img_0
    アリノスダマ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
アリノスダマ
英名
Alinosudama
学名
Hydnophytum formicarum
別名
ヒドノフィツム・フォルミカルム, 蟻の巣玉
原産地
マレーシア
生活型
常緑小低木の着生植物

コメント

アリノスダマ(蟻の巣玉、学名:Hydnophytum formicarum)は、マレーシア原産でアカネ科ヒドノフィツム属の常緑小低木です。湿地のマングローブの幹や枝や、岩の裂け目や岩上に着生する着生植物です。蟻と共生するアリ植物(Ant plant)で、蟻の食べ残しや糞、死体を栄養とします。幹の基部が肥大化した塊茎(擬鱗茎)から枝を数本伸ばします。枝から緑色の卵型をした皮質の葉を対生に出します。塊茎が出来始めた時から細い空間があり、大きくなるにつれて空間が迷路状になり蟻を住まわせ始めます。葉腋に白い花を咲かせ、花後赤い実を付けます。

一般名:アリノスダマ(蟻の巣玉)、学名:Hydnophytum formicarum(ヒドノフィツム・フォルミカルム)、別名:ヒドノフィツム・フォルミカルム、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物アカネ目アカネ科ヒドノフィツム属、原産地:マレーシア 生活環境:岩の裂け目や岩上、湿地のマングローブの幹や枝に着生、生活型:常緑小低木の着生植物、葉質:皮質、葉形:楕円形~卵形、葉長:4-15cm、葉幅:2-7cm、葉序:対生、花色:白、花の付く場所:葉腋、果実色:赤、幹の基部:肥大化した塊茎(擬鱗茎)から枝を数本伸ばす。塊茎内に迷路を作り蟻を住まわせる、共生:蟻と共生し蟻の食べ残しや糞、死体を栄養とする、備考:アリ植物(Ant plant)。

詳細情報

リンドウ
アカネ
ヒドノフィツム
アリノスダマ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
複集散花序
花弁の形
車形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園(亜)熱帯地域
開花時期
高さ
10 ~ 60 [cm]
花径
0.8 ~ 1

アクセスランキング(日別)

ナギイカダ_img
セリ_img
ハートカズラ_img
コースト・バンクシア_img

ランダムな花

バンダ・サンサイブルー_img
クジャクアスター_img
チューリップ・モナムール_img
ヒメノウゼンカズラ_img
トルコギキョウ 'リップルソフト バイオレット'_img
ヒメルリトラノオ_img
コメツブウマゴヤシ_img
ツバキ スキヤ_img
コナスビ_img
マルバダケブキ_img
デンドロビウム・ノビル カーネア  'マリ'_img
カラスノエンドウ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved