アンドロサセ・スターダスト

  • アンドロサセ・スターダスト_img_0

    アンドロサセ・スターダスト @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
アンドロサセ・スターダスト
英名
Northern fairy candelabra
学名
Androsace septentrionalis
別名
Androsace stardust, スターダスト, アンドロサケ・セプテントリオナリス, pygmyflower rockjasmine, ロックジャスミン・ジャスミン, アンドロサケ, Star dust, Rock jasmin, pygmy-flower rock-jasmine
原産地
アルプス西部
生活型
高山性多年草/一年草

コメント

アンドロサセ・スターダスト(Androsace stardust、学名:Androsace septentrionalis)とは、アルプス西部原産でサクラソウ科トチナイソウ属の高山性多年草です。地際に被針形の葉をロゼッタ状に叢生します。春に、花茎を出し茎の節から、さらに細い散形花序を放射状に多数出し、その先端に小花を付けます。花はカスミソウに似た白い小花で多数咲きます。花弁は先端が5裂した高杯形で、花芯は黄色い。花の咲く姿が星屑に似ているのでスターダスト(Star dust)と呼ばれます。

一般名:アンドロサセ・スターダスト(Androsace stardust)、学名:Androsace septentrionalis(アンドロサケ・セプテントリオナリス)、別名:スターダスト(Star dust)、アンドロサケ、アンドロサケ・セプテントリオナリス、アルプストチナイソウ、ロックジャスミン・ジャスミン(Rock jasmin)、Northern fairy candelabra、pygmyflower rockjasmine, pygmy-flower rock-jasmine、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目サクラソウ科トチナイソウ属(アンドロサケ属)、原産地:アルプス西部、生活型:高山性多年草 草丈:5〜30cm、葉の出方:根生葉でロゼット状に輪生、単葉、葉形:被針形、葉長:1cm、放射相称、花序形:散形花序、花径:0.5cm、花色:白、開花期:3月〜5月、果実型:蒴果。

詳細情報

ツツジ
サクラソウ
アンドロサケ
アンドロサセ・スターダスト
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山
開花時期
3月4月5月
高さ
5 ~ 30 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

スズラン_img
カキ「キノカワガキ」_img
シジギウム・スミティ_img
ゴジアオイ_img

ランダムな花

フタリシズカ_img
球根ベゴニア ダビシー_img
ナゴラン_img
オオキンケイギク_img
イクソラ・ダッフィー_img
ムラサキサギゴケ_img
フィロデンドロン・ピンクプリンセス_img
コバギボウシ_img
シャガ_img
オオハンゲ_img
ツバキ シュンショコウ_img
ゲンペイクサギ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved