イヌツゲ

  • イヌツゲ_img_0

    イヌツゲ @ 日光植物園

  • イヌツゲ_img_1

    イヌツゲ @ 日光植物園

  • イヌツゲ_img_2

    イヌツゲ @ 日光植物園

基本情報

花名
イヌツゲ
英名
Ilex crenata
学名
Ilex crenata
別名
ビンカ, 犬柘植, Japanese Holly
原産地
中国、朝鮮、台湾、サハリン、日本
生活型
常緑低木

コメント

イヌツゲ(犬柘植)は、中国、朝鮮、台湾、サハリン、日本原産で、モチノキ科モチノキ属の常緑低木です。北海道から九州までの日本の暖帯山地に生えます。雌雄異株で、葉は互生し、葉縁に鋸歯があります。初夏に地味な白い小花をつけます。花後に赤い果実が成り、冬に黒熟します。地面から良く分枝するので、生垣や庭木に使われます。葉は対生でも互生でも無く、乱れて付きます。葉や小枝が整然としていない様を髪を梳らないと見立てて、別名でビンカカズ、カシラケズラ、ビンカとも呼ばれます。似た名前の木にツゲ(柘植、学名:uxus microphylla var. joponica)があります。ツゲは本ツゲとも呼ばれる別科別属(ツゲ科ツゲ属)の常緑低木で、雌雄同株で、葉は対生し葉縁は全縁です。

一般名:イヌツゲ(犬柘植)、学名:Ilex crenata、別名:ビンカカズ、カシラケズラ、ビンカ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類モチノキ目モチノキ科モチノキ属、原産地:北海道〜九州までの日本、朝鮮、環境:暖帯山地、樹高:0.5〜5m、樹皮色:灰白色、葉長:1〜2cm、葉幅:0.5〜2cm、葉序:互生、葉形:楕円形、葉縁:鋸歯有、雌雄異株、花色:白〜淡黄色、雌花径:0.2cm、雄花の花柄:0.5〜1.5cm、開花期:6月、結実期:10月〜翌1月、果実径:1cm、果実色:黒。

詳細情報

モチノキ
モチノキ
モチノキ
イヌツゲ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山墓地・寺院公園盆栽
クリーム, 白
開花時期
5月6月
高さ
50 ~ 500 [cm]
花径
0.4 ~ 0.6

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
アンスリウム_img
タイム レモン バリエゲイテッド_img
テマリソウ_img

ランダムな花

オリーブ_img
キフマルバヒユ_img
キルトスぺルマ_img
ヨツバシオガマ_img
レブンソウ_img
ヒイラギ_img
球根ベゴニア ペアルケイ_img
カライトソウ_img
クル・イ_img
オオオニバス_img
ノウゼンカズラ_img
ルリトウワタ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved